田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

幸楽苑は本当に従業員に優しい会社になったのか。バズったニュースももう少し深く読み解こう

晦日、こんなプレスがバズっていました。

f:id:just4youcom:20190101101611p:plain

ラーメンチェーンの幸楽苑が、元日を休むことにしたとのことです。飲食店でも年末年始に休むと言うのは中々勇気がいることです。働く側の人の気持ちをしっかり考えた素晴らしい決断だったと思います。

でも僕はこの素晴らしい決断に対して少し疑問を持ちます。(新井田社長の決断やこのマーケ戦略は本当に素晴らしいと思っているものの)さすがにみんな短絡的に騙されすぎていないか・・・?と思っています。

僕は常にどんなバズったニュースでも、どんだけ好きな先輩が絶賛しているニュースでも本当なのか自分の頭で考えます。

 

失った売上は2億円とのこと。では利益は、と考えると幸楽苑の財務データは以下の通り。

f:id:just4youcom:20190101102059p:plain

どの時期の数字を引用するか難しいところですが前期の数字を取るのであれば経常利益は売上の1%程度。つまり2億の売上を失っても利益ベースで見れば失うのは200万。あの広告は単純な面だけで2000万くらいはかかっているはずです。

だからこそ相当攻めたマーケです。

このプレスで、「従業員のことを本当に大事にする良い会社や~」と言うツイートは本当に短絡的だなと。元日1日休みにしたところでアルバイトの人からしたら別に給料は増えません。正社員だって、その分他の日を休めるようにしてあげるのであれば(労働時間的には)給料は変わりません。本当に従業員のことを考えるのであれば最低時給をあげるなり、労働環境を良くしてあげる方が本質的です。

新井田新社長は本当に優秀な方なので、そういったことをするよりもこのようなプレスを出した方が世間の印象は良くなりますし従業員も「今度の社長は優しい」と思ってくれると思ったのだと思います。

 

繰り返しになりますが決して幸楽苑さんの元日休業をdisりたいわけではなく、バズってるニュースだからって簡単に鵜呑みにしちゃ本当に危ないし成長しないよ、と言いたいだけです。

 

ではでは。