田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

ポケットマルシェの売上をフェルミ推定してみよーと思ってアプリ見てみたけどすっごく面白いサービスでした。

jp.techcrunch.com

経団連サミットでも受賞していたポケットマルシェが1.8億円調達だそうです。メルカリと親和性高そうだなと思っていたところメルカリからも調達したとのことです。

 

www.buzzfeed.com

この記事そのまんまですね。こういったサービスは買い手と売り手の両方を集める必要があります。メルカリは買い手に関して数千万という数がいるので僕が農家ならメルカリで売るかも。。。もちろんポケットマルシェはいろいろ特化してると思うのでそちらの方が使いやすくて売れるならポケットマルシェを使うかも。

 

こういう発表を見ると売上を推測したくなります。勝手に想像してみました。

 

この記事の中でヒントになるのはこれくらいでした。

 

ポケットマルシェは販売価格の15%を手数料として受け取り、消費者は別途送料を支払う。 

2016年9月にリリースしたポケットマルシェ。現在は約330名の生産者がアプリを通して商品を販売している。商品を購入するユーザーの数は非公開だ。 

 

これだけなので以下の売上予測はかなり推測です。。。

 

すごく簡単な公式ですが

 

売上 = 流通総額 × マージン(15%)

     流通総額 = 店舗数(生産者数) × 平均月商

 

になると思います。店舗数は330と出ているので、平均月商を類推することができればある程度売上が見えてきそうです。

平均を考える前に、登録している生産者のアクティブ率を見てみたいと思います。楽天市場は4万店舗程出店していますが3割くらいの店舗さんの売上が0円です。

ポケットマルシェもそうなのかな?と思ったのでとりあえずアプリをダウンロードしてってみました。

軽くしか見ていないのですが『すばらしい!!!』と感じました。ほぼアクティブだと思います。ただ、農家の方は1年中作物が取れるわけではないので季節的に動いてない方も当然いました。

f:id:just4youcom:20170929164721j:plain

 

基本的に生産者の方の顔が見れており、どういうものを育てているかも見ることができます。メルカリとはかなり違う印象を受けました。

C2Cというよりもしっかり生産者が商売している感じがするので少し楽天に近いかも知れません。

 

f:id:just4youcom:20170929165134j:plain

 

これは売れるわ・・・。。。結構売れると思います。

ただ、ポケットマルシェ専業の方ではなくあくまでも副業としてやっている印象です。また、商品も非常に安く販売しているようなので売上と言う意味ではそこまで高くなさそうです。

生産者あたりの平均値は15万円くらいなのではないでしょうか。(本当に推測ですよ!)

 

それをあてはめると月間の流通総額は約5,000万。その15%がマージンとなるので750万くらいの売上かなーと。

 

創業間もないということですし、いろいろな可能性がある事業だと思います。

メルカリのようなC2Cサービスはメルカリとの差別化が鍵になると思います。ポケットマルシェは売り手の顔を出すことで安心感を与えるという方法で1つ大きく違いを出しています。

メルカリとは違うのですが、楽天市場に近付いている印象もあります。買い手としては「楽天で良いのでは・・・?」となってしまう可能性がありそうです。楽天の場合手数料はせいぜい5%程度+広告費なので、ポケットマルシェの方が割高です。

その分非常に手軽に始められるという強みがありそうです。

 

とりあえず見ていて楽しいサービスだったのでなんか買ってみようと思います。

 

 

 

では。