田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

案の定出てきた個人間ファッションレンタルサービスの「dress box」。価格設定的に儲からないだろうけど改定前提っぽい。貸し手を集めるためにレンタルクローゼットをアピールしたら面白そう。

thebridge.jp

案の定出てきました。CtoCのファッションレンタルサービス。

ラクサスはスタートはBtoCで、今はCtoBtoCも始めています。

dress boxも同じくCtoBtoCのようです。

f:id:just4youcom:20170731152842p:plain

この構図はラクサスエックスと全く同じです。

 

なぜCtoCにせずにCtoBtoCにしているかと言うと、届ける商品の品質を一定以上に保たせたいという点とユーザー同士のトラブルを防ぎたいという点があるのだと思います。

 

明日の結婚式で着よう!明日のパーティーで使おう!という明確な利用シーンがあるのに届いてみたらシミが付いていた、ほつれがあった、そもそも指定日に届かなかった等々のトラブルが考えられます。

完全なCtoCサービスのメルカリやヤフオクでこういう利用シーンは少ないと思います(というかそういうシーンではさすがに買わなそう)。

メルカリ等は基本的には売り手から買い手への一方通行のコミュニケーションです。それでもトラブルは起きまくっています。レンタルの方が絶対にもっとおきます。

 

そういった意味で、dress boxは借り手からすると非常に良いサービスだと思います。値段的にも手ごろです。

 

レンタル料金はいくらでしょうか?

レンタル価格は2980円/4980円/6980円/9980円(税抜)の4プランがございます。ワンピースによって価格が異なりますので、ご確認ください。

ワンピースのレンタル時、送料はユーザーの負担になりますか?

レンタル価格が合計4980円(税抜)以上であれば、送料は無料になります。4980円未満の場合には、送料は980円となります。

 

とありました。この価格設定だと2980円のを借りる人はほとんどいないと思うので適当に5,000円くらいにしておくとすると他のレンタルドレスよりもお得だと思います。

 

では貸し手からみた場合にはどうなのでしょうか?

2. 高いリターンが見込める
お預かりしているドレスがレンタルされると、レンタル料の50%を預けていただいている方にお支払いします。

とありました。

レンタル料の50%ということなので5,000円で借りた人がいた場合2,500円を貸主にリターンすることになります。それなら預けようという人が出てくるかも知れません。

ただ、クリーニング送料も運営者負担のようなのでこのプランのままですとまず間違いなく儲かりません。

β版とのことなので、これでどれだけ利用者が来るかを見てから一気に資金調達をして価格設定やサービスを変更するんでしょうか?

エアークローゼットも最初「儲からないぞこれじゃ・・・」と思ってたら価格変更してましたので。

just4youcom.hatenablog.com

 

本来、CtoCサービスはBtoCに比べて質が伴なわない分、"明かに"安くないといけないです。airB&BもUberもメルカリも。

CtoBtoCはそこは少し値段があがってしまいます。でもBtoCに比べて在庫リスクもない分、安く提供できるというメリットがあります。

ただその分貸し手を集めにくいという点が難しいです。ラクサスはそもそもラクサス自体で数億~10億円以上のブランドバッグがありました。なのでエンドユーザーからバッグが集まらなくてもそこまで問題にはなりません。

現状のdress boxはそうはいかないです。貸し手が増えない限りサービスが始まりません。

なので50%のリターンを保証しているのだと思います。

 

また、貸し手を集める方法としてはレンタルクローゼットとしての魅力をもっとアピールすれば良いはずです。

一度利用したドレスをそのままdress boxに送ってしまえば、そのまま預けられます。(おそらくクリーニングもやってくれそう)

そして次回利用の際にはそのまま戻してもらえれば良いだけ(その際の送料等は不明でしたが)ですので、サマリーポケットのような使い方ができるのではないでしょうか?

pocket.sumally.com

 

こっちの使い方をもっとアピールできれば貸し手がどんどん集まって、借り手も増えていくんじゃないのかなーー・・・と。

 

 

そこから、利益うんぬんを考えることになると思うのですが利益に関しては現状の価格設定では間違いなく厳しいです。ラクサスやエアークローゼットのように推測で検証するまでもなさそう。

 

改定前提なんだと思いますが、そこは今後楽しみにしていきたいです。

 

 

 

では。