読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

本を売るならブクマなのか??メルカリとの違いを比べてみた。 ※追記(4/12)結論としてはメルカリの勝ちかな・・・※

手数料を無料にしてもラクマ・フリルとメルカリの差は開いていく一方のような気がするので、もうフリマアプリはメルカリの圧勝で終わりそう。

 

そんな気がする根拠fromグーグルトレンド↓↓

f:id:just4youcom:20170409174112p:plain

 

と思っていたところ、以前から注目していたブクマの評判が良いので使ってみました。

 

フリマアプリはメルカリの勝ち確定で良さそうなんですが、細かいジャンルごとのフリマアプリはまだいろいろチャンスがある気がするんですよね。

 

フリマアプリは買い手と売り手が集まる場所を提供するものですので、双方の数の多さが鍵になります。なので、ラクマがいくら「手数料無料♪」と宣伝したところで、買う側には関係のない話なので買い手は増えません。

また、売り手としてもフリマアプリはオークションとは違い、「高く売る」という気持ちよりは「早く売る」という感情が上回っているようで(業者は除く)、オークションには存在しなかった「値引き」という文化が形成されました。

こういったことから、結果としてメルカリの方が優れたプラットフォームになりました。

 

ではメルカリの一強で終了か?と言えば個人的にはそうはならないと思っています。minneやcreemaだって広く言えばフリマアプリですが、メルカリには作れていない商圏を作っているように、特殊なジャンルであればメルカリよりも優れたUIや集客を行うことができるはずです。

 

ちょうど大企業VSスタートアップ企業みたいな感じですね。(メルカリはまだまだ文化的にもスタートアップ感バリバリですが)

 

メルカリのUIがイケてることは誰もがわかっていることですが、あるジャンルやあるユーザーに限定すればもっと良いUIができるはずです。

それを行っているのがブクマっぽいので早速使ってみました。

 

僕はメルカリでも本をたくさん売っているので違いは結構わかるはずです!

 

f:id:just4youcom:20170409175759j:plain

 

まず、全体的なUIの違いですがご覧の通りほぼ同じです。パクりが良い悪い、ではなくメルカリのを参考にしたんだなーという印象。ラクマもほぼ同じですし(フリルは少し違う。)。

 

出品方法はかなり違います。

ブクマは本の裏面のバーコードを読み取って出品します。

f:id:just4youcom:20170409180135j:plain

 

このシステム、おそらく超すごいんだと思いますが実際あんまり使い勝手は良くなかったです。10冊ほど出品したのですが、中々読み取らないものが2冊、全く読み取れないものが1冊ありました。

「直接タイトルを入力する」から978から始まる数字で出品することもできたのでそちらの方が簡単でした。

 

値段は"送料込み"のみです。この辺もメルカリと商品を分けているからこそできる芸当だと思います。

 

出品自体は非常に簡単でした。ただ、僕はメルカリで出品する際にはパソコンから出品していたのでもっと早いです。ブクマもパソコンから出品できるようにしてくれたらありがたい。(買うのもパソコンでやりたい・・・)

 

商品の探し方はブクマの方が簡単でした。

ブクマは1つの本に紐づく形で複数の出品者が出品する形をとっていました。Amazonのような形です。

一方、メルカリは1つの本を複数の人が出品する形です。

f:id:just4youcom:20170409181202j:plain

 

左がブクマで右がラクマ。これはやはりブクマの方が探しやすいですね。

 

メルカリの場合には、様々な商品があるのでこのようなUIには出来ないはずです。

(※このようになっていない商品もありました。おそらくバーコードで出品するか否かで決まっていそうです)

 

この仕様で見る場合、簡単なあらすじも書いてあるので指名買いではない場合には良い機能だと思います。

 

 

また、もうひとつの面白い機能として出品予約をする機能がブクマにはありました。

f:id:just4youcom:20170409181521j:plain

 

誰かが出品してくれたら教えてくれるらしいです。話題作なんかにはもってこいの機能ですね。

こういった、本ならではの機能がブクマには多く見られました。

 

そういった意味で本のフリマアプリ限定で比較すればブクマに軍配があがりました。

 

しかし、先ほども述べたようにまだまだ場として成立していないように思えます。ジャンルを絞ってみてもまだまだメルカリの方が出品量が多いようでした。

 

本限定で比較すればブクマの方が上だと感じましたが、トータルで考えるとまだメルカリの方が良いプラットフォームなのかも知れません。

 

ただ、本好きな人がは利用頻度も多いと思うのでブクマがじわじわ追いついてくる気もします。

 

=====4月12日追記=====

結論ですが、メルカリの方は売れたのにブクマの方は売れませんでした!おそらくブクマは最安値ではないと売れないようです。Amazonと同じですね。

メルカリはユーザー数が多いためポイントも循環しているので多少高くても買ってくれるイメージです。また値引き交渉の文化もあるので交渉後に買ってくれます。

 

価格最適化をした場合はわかりませんが結論としてはまだまだユーザー数も多いのでメルカリの勝ちかな・・・と思いました!

 

 

 

 

では。