田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

秋山真之の名文を引用した石原慎太郎。役者が違いましたね。

百条委員会の答弁を見ました。

僕は小池さんや音喜多さん好きだけども、あれを見る限り「役者が違う」と思ってしまいます。

 

「クソガキどもが俺を倒せると思ってるのかよ?」そう言っているように思えました。

 

政治家に誠実さなんてものを求めるのが間違っているのかもしれません。少なくとも、日本や国民に利益をもたらすのであれば、いくら賄賂をもらってようが、湯河原で遊ぼうが関係ないのかも。

そう思わせてくれる答弁でした。

 

東京都議会の百条委に向かう前、石原慎太郎・元都知事は2017年3月20日正午前、自宅前で記者団に心境をきかれ、「天気晴朗なれど(も)波高し」と答えた。

www.j-cast.com

 

これを見て、さらに石原さんのことが好きになりました。

もうマスコミのことなんて完全になめきってますよね(笑)

 

その後、「君ら教養ないから分からんだろ」とも。 

 

石原さんがここでこの引用をしたのは、2つの意味があると思います。

1つは純粋に、当時の秋山真之に自分を重ね『大勝負に望む気持ち』を伝えたかった。

 

もう1つは、この文を引用すれば教養のないマスコミは『(。´・ω・)??』となってしまうので、余計な質問が続かないだろうと考えたのだと思います。

 

実際に、マスコミは石原さんのこの発言に対し返答に困っていますし、J-cast東郷平八郎が打電したと誤った情報を載せてしまっています(本当は秋山真之)。

他の新聞社では、

「天気晴朗なれど波高し」と述べた。体調については「非常にいい」と話し、笑顔で車に乗り込んだ。」

【石原元知事証人喚問速報】石原慎太郎氏、報道陣に「天気晴朗なれど波高し」 - 産経ニュース

 

等と書かれ、そもそも馬鹿にされたことをスルーしちゃってます。

 

こんなマスコミでは石原慎太郎は倒せません。

 

 

 

とにかく石原慎太郎という怪物のすごさが際立つ1日だった気がします。

まだまだ器が違うなーという気がします。

 

 こういう意見も十分にわかります。独裁的だなーとかそういう気持ちもわかるのですが、器が全然違うなと感じてしまいました。

いやいやヒトラーもそうだった!という人も多いかも知れませんし事実だと思います。でもサッチャーマンデラケネディ西郷隆盛もきっとそうだったと思うんです。

 

毒にも薬にもならないような清廉潔白な政治家よりも、清濁併せ飲みつつも堂々としているカッコいい政治家の方が良いと僕が思います。

(トランプもそうか、、、嫌いだけど)

 

 

 

では。