読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

青林堂のパワハラ問題。経営陣もイケてなさすぎだけどテレビやマスコミ側がおかしい。清水富美加さんの方がよっぽどブラックじゃん

www.huffingtonpost.jp

 

昨日、NEWS23を見ていたところ青林堂の社員の方が社長や専務からのパワハラ被害を訴えたとのことでした。内容は中々すごいもので300時間に及ぶという録音テープには社長たちから罵倒される様子が残っていました。

 

とりあえず僕も社長という立場なので、こういう事態になっている時点で社長は相当イケてないなと思います。社員の人に対してそういう扱いをするのは教育ではないです。パワハラというよりもいじめに近い暴言でした。

 

そこは大前提としてなのですが、少なくとも僕が見たTBSのNEWS23は内容が一辺倒過ぎるように感じました。もちろん被害者の方を疑うというのは中々やりにくいことですしテレビ局というのは労働組合からのデモやクレームを極度に恐れるのでそうなってしまうのでしょうか。

 

少し調べただけでもこの訴えをした中村さんはうつ病適応障害と診断された数か月後に楽しそうにパーティーに出ていたり、会社の取引先名簿を無断で持ち出しユニオン側から怪文書を配布し、その事実はユニオン側も認めているということがわかります。

 

青林堂という会社も僕はこの件が出るまで知りませんでしたがいわゆる右系の出版社の様なので労組と仲が悪いので、そういう理由から目の敵にされているのだと思いました。

 

中小企業がユニオンに潰される日

中小企業がユニオンに潰される日

 

 この本に詳細が載っているらしいので読んでみようと思います。ただ、この本は当然青林堂側の主張がベースになっているはずなので反対側の意見も必ず読んで見ようと思います(オススメあったら教えてください)。

 

なので今回言えることとしては、仮にスパイだったとしても(というかスパイだと思うならなおさら)社員にあんな暴言を吐いてはダメなので経営者が非常にイケてないということです。Twitter中心に反論しているようなのですが、ここから巻き返すのだとしたらテレビ使わないと勝てないのでいっそのことテレビに出演して反論とかした方が良いですよね。

 

そしてやはりテレビやコメンテーターは中々おかしいということ。

先日、清水富美加さんが芸能事務所への不満を訴え幸福の科学に出家したという問題で多くのコメンテーターの方たちが『責任感がない』『事務所に対しての礼儀がなっていない』とコメントしていたと思います。

もちろん違う人もいたと思うのですが、とくダネの小倉さんはこういっていたようです。

www.daily.co.jp

「たとえ芸能人といえども、自分の仕事に対しては責任を持たなければいけないと思う」とし、所属事務所との契約を「奴隷契約」などと糾弾する清水側の姿勢に対しても「所属していた事務所に対する苦言をここまで呈する必要があったのか」と疑問を投げかけた。 

 

 

にも関わらず、今回の青林堂の問題では青林堂を批判しています。中村さん(青林堂を訴えてる人)と同等かそれ以上に清水さんの環境もブラックだったと思います。

「所属していた事務所に対する苦言をここまで呈する必要があったのか」とのことですが中村さんも相当やっちまってるわけで、こっちの訴えは『労働者の権利』なのに清水さんの訴えを批判的に捉えるのはおかしーですね。

 

 

 

ではでは。