読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

クックパッドや弁護士ドットコムの決算を見ていたらメディアビジネスはやっぱり有料会員の獲得がゴールになるのだろうと思った。

"陣痛"で検索すると、今まではWELQが1位でcutaが2位にきていましたが今はユニチャーム等が運営するプレママタウンが1位で2位にはリクルートが運営する赤すぐというサイトが来るようになりました。

この2つのサイトは非常にホワイトな内容で、著作権も違反していないのですがかなり薄い内容です。文字数、内容ともに薄いです。

 

先々月、僕の嫁が出産を迎えた際に陣痛でいろいろ検索していたので、WELQの記事は覚えているのですがもっと内容が厚かったです。内容の真偽はわかりませんがとりあえず情報は多く、参考になりました。参考にならない記事もたくさんあったから今回のような事態になったのだと思うので、WELQを今さら戻すべきとは思いませんがプレママタウンと赤すぐが上位に来ているようではキュレーションメディアの存在意義も一応あったのかも知れないと思ってしまいます(ちゃんと引用ルール設けてパクればね)。

それと同時に、おそらくしっかりとした監修を付けて記事を作成すればすぐい1位か2位に表示することはできると思います。

 

ただ、そうなると1記事あたりの作成単価が高額になるため採算が合わなくなるのかも知れません。

 

いわゆるキュレーションメディアで得られる売上というのは"アドセンス"、"アフィリエイト"、"広告"になると思います。アドセンスアフィリエイトではたかが知れてしまうのでMERY等のメディアは少しずつメーカーとのタイアップ等を含めた広告を増やしている印象でした。

それでもMERYも記事は権威付けのされていない"ライター"が書いたものでした。つまり安い費用で書かれたものでした。なので、記事にしっかりお金をかけて健全に運営し利益を出すにはそれ以外の売上が必要になります。

 

そういったビジネスで成功させているのがクックパッドです。昨年はいろいろ問題もありましたがクックパッドは有料会員という売上の柱があるのでまだまだ強いです。

 

f:id:just4youcom:20170103122023p:plain

https://cf.cpcdn.com/info/assets/wp-content/uploads/20161109153821/ir2016_3Q.pdf

 

クックパッドというと広告で稼いでいるイメージもありますが実際には半分以上の売上を有料会員から創り出しています。

広告事業の売上はある意味営業で創り出すのですが、会員事業に関してはコンテンツを良くすることが非常に重要なので、そこにお金をかけることができます(クックパッドのコンテンツはいわゆるキュレーションメディアとは全然作り方は違うけど)。

 

他にも弁護士ドットコムもうまく有料会員を増やしています。弁護士ドットコムの場合の有料会員は、弁護士と一般ユーザーの2パターンあります。一般ユーザーの場合は月額300円で、現在は8万人程いるようです。弁護士は2万円から5万円と選べるようで、現在は3000人程いるようです。

f:id:just4youcom:20170103122944p:plain

こちらもアドセンスアフィリエイト等の収益は非常に小さいようです。しかも弁護士側からもユーザー側からも課金するという点ではプラットフォームに近くなっているので非常に理想的だと思います。

 

 

他にはECに直接繋げるという選択肢もあります。北欧、暮らしの道具店なんかは良質なコンテンツをたくさん作り、そこから直接勾配に繋げているのでコンテンツにしっかりと費用をかけることができます。

hokuohkurashi.com

 

つまり、アドセンスアフィリエイトだけで稼ぐというのは個人レベルであれば十分可能だと思いますが企業として行うには限界がありそれ以外の稼ぐ方法を見つけないと難しいんだと思います。

実際に新聞や雑誌も広告は載せていますが、新聞自体も有料ですもんね。ニュースピックスはこれに近い形になるのだと思います。

 

最近流行りのベンチャーで僕が好きではないkaumoなんかは今後絶対に厳しいと思います。あの内容でお金を出す一般会員は絶対にいないし、ユーザーのターゲティングが定まっていないので企業も広告は出さないと思います。

 

一方、僕が好きなクラシルなんかは有料会員は作りやすそうだと思うので伸びしろもありそうに思えます。ただクックパッドに比べてコンテンツ量がどうしても少なすぎるという点と類似メディアが増えすぎているので差別化が難しそうという点が課題になるんですかね。

 

 

ではでは。