読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

MERY批判が的外れすぎる。だからメディアは大嫌い。

記事をパクッていたことや信憑性のない情報にも関わらずSEOのテクニックだけでPVを稼いでいたことを擁護するつもりはありません。法律云々の前に意味がないと思うので。

 

just4youcom.hatenablog.com

 

それでも僕はMERYは価値のある情報"も"提供していたと思います。もちろん画像の転用等はダメだと思うのでその点は擁護しませんが。

 

でも最近のDeNA批判は少しずれすぎている気がします。村田マリさんや中川綾太郎さんの個人批判の記事が多くなっていることは少しは理解できますが、それでも本質とは離れていると思っています。

 

さらに、最近ではMERYがインターンを酷使していた、という記事が目に付きます。

withnews.jp

天下の朝日新聞様が書いた記事です。

本来、"インターンたちの間で引用や転用がマニュアル化されていた"ことを糾弾するべきなのに、この記事を読むと

「仕事場は雑居ビル」

「90分に1本がノルマ」

インターンといえば聞こえはいいけど、要するにバイト。時給は1千円くらいだった」

等と言う記載に目が行ってしまいます。

 

こんなことを言うと弊社もブラック扱いされかねないのですが、この条件の何が劣悪なのか理解できません(弊社はインターンいないけど)。

 

日本で有数にSEOが強い企業のノウハウ(パクリ以外の!)を学べて時給ももらえるんだから僕なら喜んでやりますけどね。めっちゃ詰められるとかなら少し嫌ですけどそういう雰囲気全く感じないですし。

 

newspicks.com

newspicksの有料記事もかなりずれてしまっています。KPI管理して何が悪いのか・・・。

 

働いてくれる人たちを管理するのはむしろ当然のことでコールセンターだってすごくしっかり管理されています。MERYがやっていた管理スタイルはむしろ会社として当然だと思うので、ここを批判するのは絶対におかしいと思います。

 

著作権という少しブラックよりのグレーに踏み込み、売上を伸ばしたことや、キュレーションプラットオームを標榜しながら実際には学生に書かせていたとか、そういったことを批判することで業界をもっと良くしていく方が意味があることだと思います。

 

全体的に今回の件はWEBメディアのレベルの低さが問題視されていると思います。ただ、それは少し間違っていると思います。

著作権に付いての認識の甘さはその通りでWEBメディアは甘すぎました。ここは指摘されるべきです。ただ、情報の正確さに関しては既存のメディアもそこまで変わらないと思います。

Welqも確かに不確かな情報でしたが、雑誌やテレビの情報が正しいのかと言われればそんなことはないと思います。

Welqの場合は圧倒的にSEOが強く、検索も1位だったために信じてしまう人が多すぎたから問題になりましたが、新聞や雑誌だってたーーーーくさん嘘書いてるじゃないかと・・・。

 

 

と思ったらさっきの記事を書いてた朝日新聞様がいろいろ返り討ちくらってて笑えました。

 

 

 

WelqもMERYも悪い点はたくさんありましたけど既存メディアがここまで騒いでいるのって要するに競合を潰そうという魂胆があるからです。MERYは雑誌もバカ売れしていましたし。

 

とにかく今回の騒動の結果、WEBメディアでももっと確実なガイドラインが出来上がると嬉しいなーと思います。

 

 

では。