読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

フリルのCMが攻めすぎてて親会社を批判しているように見えてしまう件。楽天市場をdisってYahoo!ショッピングをアゲてるのかな


2016年フリル新CM_手数料編30秒ver.

 

フリルのCMが素晴らしい反面、親会社である楽天へのアンチテーゼになってしまっているように思えます。

 

このCMは面白いですし内容も良いと思います。

場面はフリマの会場です。

 

 

お客さん「これください!」

出店者「5,000円です!」

お客さん「はい、5000円!」

山田孝之「はい、4500円。」と出店者に手渡す。

出店者「へ?」

山田孝之「手数料だよー、何にでも手数料ってのはかかるからさー、俺も払ってるもんー」

 

 

と若干悪い人(ウシジマくんっぽすぎる)を装い手数料を取っていくという内容です。

 

これは完全に「メルカリは手数料が10%かかっちゃうからフリルの方が良いよ!」とアピールするためのCMです。山田孝之が取る手数料がメルカリの手数料と同じ10%ということを見ても、メルカリへの対抗策であることは間違いないです。

 

手数料がもったいない。

それはその通りなのですが、会社である以上どこかで儲けなければなりません。実際フリルは楽天に買収されるまで、メルカリと同じく手数料を取っていました。

ある意味このCMは1か月前のフリルを批判してしまっていますね。

 

フリルは楽天に買収されました。

jp.techcrunch.com

 

買収以降、楽天の豊富な資金力をもとに手数料を無料にしました。なのでこのCMがなんとか成立します。

 

ただ、親会社の楽天市場は手数料を取っています。しかもガッツリ。

楽天市場に対抗するYahoo!ショッピングは手数料無料を謳い取扱高を伸ばしました。

 

ということは山田孝之はメルカリであり楽天市場であるのでは・・・。

このCMはメルカリを批判しつつ楽天市場を批判してしまっているのでは・・・

 

 

だとすると中々間抜けなCMに思えてきます。

また、これは”絶対”と言い切れますがラクマもフリマも今後手数料を取ってくるはずです。なのでそのときには山田孝之がメルカリでありラクマでありフリルであり楽天市場になるのだろうなー。。。

 

一般の視聴者の方からするとフリルと楽天市場を結び付けないのかも知れませんが両方を知っている身からすると少し違和感を感じるCMでした。

 

 

ではでは。