田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

AirBNBやUberはシェアリングというよりも風俗に似ていると思う。なので(?)風俗店の法的解釈についてまとめたよ。

シェアリングエコノミーの代表格と言えるAirBNBUberですが、現実的には"シェア"ではないと思います。

白タクやヒッチハイクはシェアだと思うんですが、実際のAirBNBUberは旅館業法やタクシー関連の法律からするとグレーなものです。グレーなまま規制産業に参入している企業です。

 

それがダメと言っているのではなく、むしろ素晴らしいと思います。

こういう発想は風俗産業でよく見られるよなーと思ったのでなんとなくまとめてみました。

 

 

売春ってそもそも法律的にOKなの??って考えるとかなりグレーなのですが、ソープ、ピンサロ、デリヘル、全て法律的にはOKです。

 

もちろん僕は専門家ではないので、間違いもあるかも知れないのですし、おかしい表現があるかも知れませんが、その際はご指摘頂きたいです。

 

まず、前提としてなのですが"売春"は法律的にNGか?これは非常に難しいところでして、管理売春は黒だけど単純売春は限りなく白に近いです。

 

 

 

管理売春・・・人を管理下におき、売春をさせる行為

 

単純売春・・・個人の自由意志において売春をする行為

 

もちろん年齢の制限はありますし、単純売春でも公衆の目にふれる形で行うのはNGだそうです。

 

なのでおそらくですが、ナンパをして、『3万あげるからやらして!!!』と言ってみて相手がOKしたら法律的には問題ないようです。

ただ掲示板や出会い系サイトでやってしまってはダメだそうです。

 

 

では、それぞれの風俗の法律的根拠を見ていきます。

 

 

ソープランド

風俗の王様ソープランド

これはすごく簡単に言うと銭湯(サウナ)です。

『Hなお姉さんのいる銭湯に行ったらお金払ったらセックスできた。』

こんなイメージだと思っています。

場所を提供している単純売春です。ただ、女性を管理下においてはおらず、サービスの内容や金額は女性が決めて良いという建前になっているようです。

 

②ピンサロ

ピンサロはもっと面白いです。

ピンサロはざっくり言うと飲食店という扱いです。なので必ず飲み物が出されます。

飲食店という扱いのためシャワーがありません。

『キャバクラ行ったら盛り上がってお姉ちゃんがHなことしてくれた。』

ということのようです。

ちなみにセックス(挿入)をしなければ原則としては売春には該当しません。

いわゆる飛田新地などの売春街も飲食店という扱いですが、あちらは本番OKです。飲食店に行ったら勝手に恋愛して勝手にセックスしてたという扱い(単純売春)です。

 

③デリヘル

法律的には割と一番セーフなゾーンだと思います。

風営法で「人の住居または人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」としっかり明記されています。

ただし、いわゆる本番行為があるとアウトです。

 

 

 

ちなみにキャバクラとガールズバーの違いですがキャバクラは"接客"ですがガールズバーはあくまでもバーテンダーさんです。

そのため、キャバクラは客の隣に座りますがガールズバーは机を必ず挟んで接客します。

 

 

何が言いたいかよくわからなくなりましたが規制なんて取っ払いたいですよね。

 

 

ではでは。