田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

僕が投票に行くたったひとつの理由

僕は選挙権を持って10年以上経ちましたがすべての選挙に行っています。海外出張と重なったときも期日前投票で済ませました。

もちろん今回の参院選も次回の都知事選もいきます。

投票に行くことはただの権利なので義務でもなんでもないです。でも僕は行かなきゃいけないと思っています。

 

その理由はすごく簡単で、『なんか行かなきゃ悪い気がするから・・・』です。

 

歴史的に見れば僕みたいな一般人が参政権を得たことというのはとてもすごいことで、そのために犠牲になった方たちは本当にたくさんいます。

 

江戸時代の日本は世界に比べれば共和制に近かったと言われていますが、もちろん選挙なんてものは存在しませんでしたし、身分の垣根を超えるということは原則としてありませんでした。

明治維新でようやく"四民平等"になりました。しかし選挙権は一部の高額納税者のみに付与されたものでした。当時は戦争もあり、当然兵役もありました。にも関わらず政治を決めるのは一部の高額納税者だったため一般市民は不満を持ち、"選挙権"を求めました。

そこで市民が声をあげました。政府から弾圧等も受けながら1925年に普通選挙法が制定されました。

しかしこの当時は満25歳以上の男性に限られました。女性に選挙権は与えられていません。平塚雷鳥市川房枝といった女性運動家の働きもありましたが結局女性に選挙権は与えられず、1945年のポツダム宣言でようやく男女ともに選挙権が与えられました。

 

要するに市民が人権を得ていく過程みたいなものなんですよ選挙権ってのは。

 

なのに、忙しいとかめんどくさいって理由で行かないのって少しもったいないと思うんです。というか頑張ってくれた人たちに失礼かなーと。お米残したらお百姓さんに悪いじゃねーかと親に怒られたことがあると思うのですが僕の感覚としてはそれと同じです。

なんか頑張ってくれた人たちに悪いから選挙行きます。

 

んで、どうせならしっかりした人に投票したいから新聞読んだりニュース見たりします。まーそれで前回舛添さんに投票してますけどね。

 

もちろんネット選挙にしたりコンビニ投票ができるようにすれば一気に投票率は上がると思います。例えばそれを楽天とかYahoo!が担えばたぶん10億くらいの投資で投票率なんて20%くらいあげられるんじゃないかなと思います。

だいたいネットだと不正できちゃうけど紙の投票なら不正できないなんて笑い話でしかないわけじゃないですか。なのでネット選挙にも流れてほしいんですが、ご先祖様たちが頑張って得てくれた選挙権を使わないってすごくもったいなくないですか?

 

 

なので僕は選挙に必ず行きます。

では。