田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

やっぱり出てきたメンズファッションレンタルサービス「leeap(リープ)」。価格設定は非常に面白いと思う。私服で仕事に行っている男性をうまくつかめれば面白くなりそう。

メンズファッションレンタルサービスは、どこかがやるだろうと思っていましたが株式会社キーザンキーザンという会社が「leeap(リープ)」というサービスを始めました。

thebridge.jp

Leeapの価格帯は、月1回のレンタルのベーシックプランが7,800円(税別)。このプランは、初月から3ヶ月間はオープンキャンペーンで月に2回レンタルができます。プレミアムプランは、月額12,700円(税別)でレンタル回数無制限、また返却期間もないため、気が済むまで試してみることができます。 

 とのことです。

僕がエアークローゼットさんについて指摘した"返却回数"をうまく考慮されているので利益率的には問題ないと思います。

just4youcom.hatenablog.com

月額8,424円で2回までレンタル可能であれば必要な送料も2,500円くらいだと思うので6うまく回せると思います。

コーディネートの質やオペレーションはどうなんだろうと思って調べてみましたが、この株式会社キーザンキーザンという会社は古着をコーディネート提案するというとても面白いサービスを行っている会社でした。

cn-hideki.jp

 

こういう体制が出来上がっているのであれば面白そうです。ファッションレンタルも古着で十分なので、その仕入ルート等はしっかり持っていそうですし。

 

あとは、レディースとメンズの利用用途の差についてなのですが、こういうサービスのメインの客層はおそらく新卒から30歳くらいまでの働く人たちだと思います。

※学生も使いそうですが学生で月額1万弱のサービスってどうなんでしょうか?僕は貧乏学生でファッションに興味がなかったので使わないと思うのですが今の若い子たちなら高いと思わないんでしょうか?※

 

女性であれば私服で会社に行く人も多いのでこういうサービス(特にラクサス)はニーズがたくさんあると思うのですが男性の場合はどうなんでしょうか?

基本的にスーツを着ている人の方が多そうです。ですが月に2コーデであれば週末だけ使うという手もありますよね。

あとはIT系で働くサラリーマンにも良さそうですよね。こういうサービスへの嗅覚も高そうですし。

僕がなんかの事情でサイバーエージェントに入社することになったらきっとこういうサービス使いますもん。

 

8,424円という会費を高いと思うかどうかが難しいところの様に思えますがサービスとして価格設定(利益回収ができる、という意味での)含め非常に面白いサービスだと思いました。

 

ではでは。