田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」をガチで使ってみたらすごい効果が計測できた!

karte.io

弊社が運営するECサイトは売上も順調に伸びていたのですがそろそろ伸び悩みそうだったのでWeb接客プラットフォームとやらを試してみました。

 

ecbible.net

こちらのサイトによると、Web接客ツールを使うと

具体的には、来訪者のアクセス解析から、最適なクーポンやバナー、ポップアップを出すタイプから、顧客からの問い合わせをチャットで受けて応対するタイプなど、そのサービス内容は多岐に亘ります。

といったことができるようです。

 

KARTE以外にもいくつかあるようなのですが、一番有名だったのでKARTEを使います。ちなみにこのサイトにも紹介されているzopimのチャットツールは元々導入していました。

 

 

弊社がKARTEを使って行いたかったのは以下の3点です。

  1. 問い合わせ件数を増やしたい
  2. クーポンを使って購入転換率をあげたい
  3. カゴ落ちしてしまった人をどうにか呼び戻したい

以上の3点です。

 

1.問い合わせ件数を増やしたい

1に関しては、逆だと思われる方も多いかも知れないのですがECというのはなんだかんだわかりにくいことが多いです。そのためヘルプ等をしっかり作りこんでいるのですがそれでもわからないことは多いです。

問い合わせをしてくれた人はかなり高い確率で購入してくれていると思っています。なのでとりあえず問い合わせに対するハードルを下げたいと考えていました。

 

KARTEを使って以下の接客を始めました。

 

f:id:just4youcom:20160331111756p:plain

 

商品について、もしくは購入方法についてわからないお客さんにチャットで問い合わせをして頂くような接客を考えました。

 

3分以上当店のページを見てくれているお客さんに対して以下のPOPを表示させます。

 

f:id:just4youcom:20160331112022p:plain

 

↑これ完全にKARTEのデフォルトの画像です。結構画像もたくさん用意してくれているのですごく簡単に作れます。

 

[結果]チャット件数

KARTE前1週間 → 1日平均3,5件

KARTE後1週間 → 1日平均4,5件

 

どうだろうこれは!まーでも問い合わせは増えたと思います!

 

 

 
2.クーポンを使って購入件数を増やしたい

値下げするのも良いのですが、値下げは簡単でも値上げは難しいので僕はあまり値引きをしたくありません。

ですが購入転換率を高めるためになんらかの価格訴求をしたいのでクーポンに頼ることにしました。

f:id:just4youcom:20160331114732p:plain

 

こんな接客プランを作ってみました。これは配信ページをスマホのみに絞っています。

KARTEではPOPを出す位置を細かく設定できます。

 

僕はそういうプログラム的なことがあまり得意ではないのですがKARTEもチャットで問い合わせることができるのでいろいろ教えてもらいながらやりました。さすがWeb接客のサービス会社でして、こんな細かいことまで教えてくれます。

 

f:id:just4youcom:20160331121845p:plain

要するに、PCとスマホで表示する場所を同じコードで書いてしまうとちょっとおかしくなってしまうので接客ルールとして2個分けたほうが良いよ、ってことでした。

 

なのでPCとスマホで分けました。

 

[結果]KARTE用クーポン使用件数

なんと1日約11件・・・。

これは単純な増加ではないはずで、このクーポンがなくても購入してくれた人はいると思いますが、それでも十分すごいです。

通常の購入転換率(CVR)は4%程度なのですが、このクーポンコードを表示させたお客さんの購入転換率はなんと10%を超えていました。

 

これは相当すごい数字だと思います。

 

3.かご落ちしてしまった人をどうにか呼び戻したい

これはまだ実際にできていないので今後の課題です。

 

かご落ちというワードをご存知でしょうか?ECの場合、買い物カゴに入れてから購入する割合が50%~60%と言われています。

買おうかな、って思ったのにやっぱやーめた、となっている人が40%~50%いるってことです。買うのをやめてしまったことをかご落ちと呼んでいます。

コンビニとかではありえない数字ですよね。でも実際に、これくらいの人がかご落ちしています。

かご落ちの理由は、入力項目が多くて面倒になった、が一番らしいのですがそれであればどうにかお願いして戻ってきてもらいたいですよね?

極端な話『電話で注文承りますよ!!!』というPOPを出すだけでも良いのだと思います。

 

KARTE側の仕組みをもっと理解しないといけませんが、こういうことができたら購入転換率は格段にあがると思います。

 

宣伝ではないですがKARTEは月額5,000円で1接客あたり1円かかります。1週間くらい無料だったと思います。

 

WEBマーケと言う言葉があまり好きではなかったのですがこういう結果が出た以上もう少し取り組まなければならなそうです。

 

 

ではでは。