田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

名医を本気で探している人のための名医検索サイト - クリンタルが超素晴らしい。僕の母はまさにこれで命を救われました。

こんなサービスがあることを知り合いの社長さんから教えて頂きました。

clintal.com

clintalというのですが、名医を探してくれるサイトです。

お医者様というのはとりあえずみんな頭良くて勉強して国家資格を持っています。なので、とりあえず誰でもある程度安心だ、と思いがちなのですが実際はそうではありません。

 

以前も書いたことがあるのですが、僕が大学生の頃、母が健康診断の結果、腎臓の末期がんと診断されたことがあります。

 

その病院は地元では一番大きい病院です。

母と父は病院の先生にいわゆる『ターミナルケア』を薦められたそうです。その後、診断前はピンピンしていたのに日に日に元気がなくなっていきました。

そもそも具合が悪くなって病院に行ったのではなく、健康診断に行き、腫瘍を発見され、その結果末期がんというのはなんとも信じられませんでした。しかも母は60歳を過ぎているので進行も普通より遅いはずなのに。

 

兄が勤めていた銀行の上司に相談したところ、聖路加病院を紹介され母を連れて行きました。その結果、その先生は初期の初期のガンなので『半年後くらいに手術しても問題ないですよ!』とおっしゃってくれました。

余命3ヶ月だったはずなのに一気に寿命が延びました。その結果、早め(たぶん1ヵ月後くらい)に手術をしてもらい10年経った今でもピンピンして保険の営業をやっています。

 

聖路加の先生に、地元の病院の件を相談したところ、『確かに何十年か前の教科書ではこの腫瘍は末期がんと判断していたのでたぶんその先生はそれしか知らなかったんでしょうね。よくあることなのでセカンドオピニオンを見つけるのは重要ですよ』とおっしゃってくれました。

 

聖路加の先生に相談しなかったらたぶん母は死んでいたかも知れません。医療ミスで訴えても勝てるレベルだったと思うのですが腫瘍を発見してくれたのはその地元の病院だったので特に悪評もたてていません。

 

 

実際に僕ら素人からすると同じ"お医者様"でも、ピンキリだと言うことを身をもって体験しました。

全てに精通したブラックジャックはいないらしいです。

なのでこのクリンタルというサービスは本当に素晴らしいサービスだと思います。応援します!

 

どんな人が社長なのかなと思って見てみたところ

clintal.com

とんでもない経歴だったので僕の応援なんていらなそうでした。

 

 

 

ではでは。