田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

単なるプラットフォーマーは満足度が得られないから成功しないと思う。メルカリが成功したのは取引に対してリスクを背負ったから。

後輩に、C2Cのサービスを考えたので相談したいと言われ会ってきました。僕はそもそも頭がよくないので細かいことはわからないのですが、以下の川鍋社長の記事を読むよう薦めておきました。

 

頭が良い人はすぐにプラットフォーマーになりたがる気がします。

もちろんプラットフォーマーで成功すれば大きい利益もあげられるのは確かですが、僕はあまりプラットフォーマーが好きではありません。

 

C2Cのマッチングビジネスはどこかで絶対に問題が生じます。

プラットフォーマーを目指すのであればその際のリスクをしっかり取らないと双方の満足は得られないと思います。

newspicks.com

有料版の記事ですが、川鍋社長はライドシェアはリスクを取っていないと批判しています。簡単に言うと事故が起きてもライドシェア側は一切責任を負わないからだそうです。

 

プラットフォーマーとして成功を収めているメルカリはこの辺りをきっちりやっているイメージがあります。ヤフオクも最近はしっかりやっていますし、楽天も店舗とユーザーの間のトラブルにも少しずつ口を出すようになってきました。

 

ドリコムさんが先日発表したclipという物々交換のサービスがあるのですが、とても面白いサービスだと思います。お金のやりとりもないからすごく楽ですよね。捨てるくらいならそっちの方がきっと良いです。

redclip.jp

 

まだ正式リリースではないのでここから規約の変更等もあると思うのですが、利用規約を読むとこのように書かれています。

4.本サービスに関連してユーザー間、又はユーザーとその他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーの責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負わないものとします。

これはプラットフォーマーとしてはどうなのかなと思います。

絶対問題は生じるはずなのに、そこには関与しないというのは、企業として責任を背負っていないです。

 

一方、メルカリは以下のような書き方です。

4.商品等に関するトラブル

出品者、購入者の間で商品等に関してトラブル発生した場合は当該ユーザー間で解決するものとします。ただし、弊社の判断により、弊社も協議に入ることができるものとします。

メルカリ利用規約 - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

 

やはり、こうするべきなのかと。メルカリの評判をいろいろ調べたところ悪い評価もあるのですが、"勝手に○○してきた"というような内容が多いです。つまりいちいりくびを突っ込むなというクレームでした。

 

でもそれが正しいと思います。ヤフオクはそういったクレームをしばらくの間野放しにしてしまい詐欺が多発しました(今は概ね解消しているようです)。メルカリはプラットフォーマーとしてやるべきことをやろうとしているのだと思います。

 

僕はサービスというのはユーザー満足度を高めていけば自ずと広がっていくものだと思っています。地道かも知れませんが、そこをおざなりにして場だけ提供するというのは川鍋社長がおっしゃるように企業としての責任を果たしていないと思います。。

 

 

 

ではでは。