読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

「ライドシェア」 “白タク合法化”に業界猛反発 → 自分たちの既得権益を守ることだけを考えてユーザーのことを考えていない業界は滅んでしまえば良いと思う。

headlines.yahoo.co.jp

 

こういうニュースはちょっと腹が立つ。

イノベーションに対して既得権益側が猛反発。よくあるパターンだけど。医薬品のネット販売規制を思い出してしまう。

世の中はロジカルに動いているわけではないと感じた。あのときは便秘薬や痔の薬もネットで販売してはダメだった。確か妊娠検査薬とかもダメだった気がする。

理由は"対面販売でないから"。こんなの理屈としてはおかしすぎるわけで、薬局で買うときにしっかりと使い方の説明をしてるわけじゃないんだから対面販売だから安全というのは明らかにおかしい。

それに楽天ケンコーコムウェルネットが猛反発し、なんと国と最高裁まで争い勝訴した。

event.rakuten.co.jp

あのとき僕はまだ楽天市場で働いていたけどあれほど楽天がまとまったことはなかったんじゃないかなと思っている。(第2位は楽天イーグルス優勝)

だって明らかに国(というか薬剤師連盟)の言っていることはおかしかった。それに対して既得権益を壊すのがイノベーションじゃいいーといういかにもベンチャーらしい考えでそれを破壊した。その結果非常に便利な世の中になった。

 

 

ライドシェアもどう考えても便利。だってそもそも安い。他にもライドシェアは技術的な革新面もあるんだけどそもそも安いってことだけで十分。

こうなると既得権益側から出てくるのは安全面の話になる。医薬品のときには某新聞が"ネットで睡眠薬を購入した学生が自殺!"と取り上げてきた。でもそれはそもそも数年前の事件だった。

きっとライドシェアに関してもライドシェアで起きた事件を取り上げる動きが出てくると思う。

終電を逃したあとのタクシー乗り場には行列が出来ているけどあんなの本当はバカバカしくて行き先が近い人は一緒に乗ったらもっと安くなる。送迎がない店で仕事をしているキャバ嬢なんかはライドシェアで帰ることが多いらしい。

他にも塾の送り迎えなんかもライドシェアでできる可能性があるらしい。そうしたら本当に便利だと思う。

 

ライドシェアと言えばUberが強いイメージはあるけど意外にもUberはアメリカ以外では圧勝していないらしい。ライドシェアが普及している国では、その国で最初にシェアをとった会社が伸び続け8割弱のシェアを取っているらしい。

日本でもどこかが出てきて既得権益を壊して欲しいな。

 

事件がひとつでも起きると絶対に大きくつつかれるから安全面には必要以上に配慮しなければならないと思うけど今後が楽しみだ。

 

では。