田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

ヤフーの楽天包囲網がえげつない。攻めてくるヤフーに対する楽天の打ち手は有料会員しかないはずだー!

zasshi.news.yahoo.co.jp

楽天がピンチです。僕は楽天出身ですしあーいうマインドが好きなので応援してます。本当に。

でも状況としてはやばいですよね。何より三木谷さんと楽天はネット界隈でとにかく嫌われているので一度打たれるとひたすら打たれることになると思います。

なぜここまで嫌われているのか、ですが確かになんか人間味がない感じがアレなのでしょうか・・・。

孫さんはツイッターで禿げネタを出してきたり藤田さんは麻雀でなんかしらないけど日本一になっている中、ちょっと三木谷さんだけなんか近寄りがたいイメージですよね。

 

まーそれはそうと、楽天が結構やばそうです。やばい理由は大きくわけて3つだと言われています。

  1. ヤフーとの競争激化懸念
  2. 海外進出の失敗
  3. kobo等の買収失敗

2と3は敢えて失敗と書かせてもらいましたが、もちろんまだわかりません。台湾以外のアジアからの撤退を発表しました。kobo電子書籍用に別端末を持つ意味がわからないので、スマホkindleアプリで十分ですよね。

あれ、Viberってどうしてるんだ・・・?

まーそれは攻めた結果なんですから仕方ないと思いますが、アンチ楽天からすると『こうなると思ってたんだよ~』ってことになりそうです。

僕が思うに楽天は英語の公用語化以降から嫌われだしたと思うのですが、きっと今後はなぜかそこについても批判的な記事が出てきてしまうと思います。

 

反対にネット民から割と好かれているヤフー。

2013年11月にヤフーショッピングの無料化を発表しました。僕もいましたが、あの会場で孫さんははっきりとこう言いました。

『201X年までにECでNo.1になる』

 

孫さんの性格上、あそこまでぶちあげたからには何がなんでもやるんだろうなーと思っていました。ECでNo.1になるというのは言いかえれば楽天をECで抜くよ、という意味です。(Amazonはビジネスモデルがちょっと違うし)

 

本業に少しずつ陰りが見えてきた楽天をよそ目に、ヤフーは本業ではないECに投資をしまくっています。アスクル、一休を買収し、楽天包囲網を作りながら楽天が絶好調なクレジットカードにも触手を伸ばしてきました。

2016年、ヤフーはここを間違いなく本気で伸ばしてきます。楽天で怖いものはクレジットカードくらいになりましたし。

f:id:just4youcom:20160217202514p:plain

決算にもちゃんと入れてきてます。きっとそろそろお得意の広告が始まる予感・・・。

 

そんな中、楽天はヤフーに対して反撃をするのでしょうか?楽天市場でポイントを付与する程度ではこの流れは変えることはできないと思います。

 

ヤフオクに対抗するためにラクマという面白いフリマアプリを出しているのですが、メルカリには全く勝てていない様子。思い切ってメルカリでも買収すれば超超超面白いのですがさすがにそれは難しそう。

 

で、ヤフーがやっていて楽天がやっていない大きな打ち手がひとつあります。(ポータルは一応インフォシークってものがありまして・・・)

 

それが、有料会員だーー!ドーーン

 

ヤフーは月額380円(462円に値上がりするらしい・・・)のYahoo!プレミアム会員というサービスを行っています。

特典はたくさんあるのですがヤフーショッピングでいつでもポイントが5倍になったり、ヤフーのサービスを割安で使えます。

premium.yahoo.co.jp

 

Amazonプレミアムほどじゃないにせよ結構お得。

ヤフーはこのプレミアム会員が1,000万人いるそうなので、月額462円だとすると年間500億の収入になります。

こういうサービスがあれば楽天もいろいろできそうですよね。ただ、楽天はこういうサービスの価格設定やサービス内容が壊滅的に下手な印象があるのでどうなるかわかりませんが、次の一手として有料会員をやってくる気がします。

 

とにかく個人的には楽天を応援したいんです。

では。

 

 

楽天の売上が落ちたのはページが見にくいからだという意見がNewsPicks等で見られたのですが、それは本当にECをわかっていない人の意見で、楽天のあの見にくいページは購入転換率あがるんですよ。本当に。

むしろこの前のトップページ改変で中途半端にAmazonに寄せてしまったから売上が下がりつつあるのだと僕は思います。