田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

切磋琢磨というべきなのか人脈というべきなのか。周りの人たちのおかげで成長するってことはあるよねというお話。

logmi.jp

松山大河さんのお話が面白い。

僕もいろいろ考えながら投資しているんですけど、フリークアウトという去年大きく上場してくれたやつは、僕の高校の同級生なんですよね。本田(謙)氏は、入学当時の1人目の友達でした、メルカリの山田進太郎も、彼が学生時代に、僕の友人の後輩として出会ったんですよね。こんなかっこいいことして、分析しているとか言いながら、「なんだ、友達に投資しているだけじゃないか。かつ、その友達がたまたま優秀だったんでしょ」みたいな感じなんですけど、そんなもんです。なにを言いたいかというと、良き友達をつくるのは、非常に経済合理性がある。(会場笑) 

 なるほどと。

早稲田なんかだとそういうのも多いですよね。僕は明治大学の、しかも文学部歴史学科というかなり特異な学科だったので、ベンチャーやってる友達なんて全くいません(というか友達がいない)。

 

でも新卒で成長途中の楽天に入ったことで一気に人脈が広がりました。

同期でも会社やってるやつはたくさんいて、200人くらいの規模の社長になって10億近い調達をしたやつもいます。なのでよく相談に乗ってもらえるし人も紹介してもらえます。

先輩も後輩も会社やってる人がたくさんいるので、とにかく人脈は広がりました。

いわゆる普通の会社に入って、起業した人よりはいろいろな意味で有利に進めることができたと思います。

そういった意味で楽天に入ることができたのはすごく良かったです。

 

このことについてskylandventuresの木下さんがfacebookでこうコメントしてます。

f:id:just4youcom:20160211153944p:plain

非常に長いですが、要約すると

松下村塾ってそういう感じだよね!

ってことです。人脈って大事よってこと。後半は島津、毛利という外様大名明治維新を成し遂げたってのはある意味歴史の必然なので、そういう歴史の必然を読み取って投資したいよねってことをおっしゃっていて、これは本当にその通り。

なので歴史は勉強する必要があるんです(と歴史の先生が言ってた)

 

竜馬がゆくが大好きで何回も読みましたが、読むたびに感想が変わります。

昔は有馬新七かっこいいー(ラディッツVS悟空・ピッコロみたいじゃん・・・)とか、来島又兵衛かっこいいなとか、戦闘シーンに目がいっていたのですが、最近の感想はまじめですがこんな感じです。

 

  • 結局は結果だということ
  • 人脈は本当に大事
  • 生き残ったもんがち

 

松下村塾がすごい!となっていますが、それは明治政府を担ったのが長州閥だったからなわけで、クーデター失敗していたらそんなことはなかったわけですよね。

↑結果って大事

 

松下村塾もですが、西郷どんと大久保利通は幼馴染だったし、武市半平太坂本龍馬もそれに近かった。後藤象二郎板垣退助も幼馴染で共に吉田東洋に寵愛されていた。

岩崎弥太郎後藤象二郎との仲がなかったら三菱財閥はつくれなかった(まーこれに関しては岩崎弥太郎さんすごすぎるけど)

↑人脈ってすごい大事

 

んで、生き残ったもんがちという話なんですが、幕末ってどちらかと言うと優秀な人かた死んでいくんですよね。当たり前と言えば当たり前なのですが優秀だから敵に命を狙われるわけで。それに当時優秀ですごく尖った人たちは本当に無茶なことばっかりやるんですぐ殺されます。吉田松陰だってそうだし武市半平太だってそう。

 

薩摩に関しては最後まで幕府側としては手が出せなかったのでほとんど暗殺なんかはされていませんが長州なんかは優秀な人がどんどん死んで行く。

池田屋で殺された吉田稔麿は、木戸孝允と同格くらいだったのに今ではほぼ無名。吉村寅太郎とか久坂玄瑞とか個人的には大好きなのに一般的には無名。

霊山護国神社なんかいけばすごくよくわかるけど明治維新は成し遂げるにあたって本当にたくさんの優秀な無名の志士がなくなっています。

f:id:just4youcom:20160211165627j:plain

マイフォト維新の名所:京都霊山

たぶんですが、ここに名前が残っている志士たちは生き残っていれば伊藤博文よりは格が上だったはずです。

維新三傑板垣退助なんかは意外ともともと偉かったけれど、伊藤博文井上馨は幕末だとせいぜい部隊長クラスだったと思います。

 

徳川家康もだけれど生き残るってのが実は意外と重要なのかもしれないなーと思っています。

会社も長生きさせることが大事ですね。

 

なんか話がアチコチ飛びましたが以上です。

ではでは。