田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

アリさんマークの引越社のブラック問題について。会社もひどいけどあえてここは社員側の主張も少し疑ってみたい。

アリさんマークの引越社がブラックすぎてヤバい。ということは少し前からネットで話題になっていました。

昨日ガイアの夜明けで特集が組まれていました。

blog.livedoor.jp

確かに中々ひどい内容でした。

 

まとめると

  • 残業代が未払いだ
  • 車両事故を起こしたところ会社から弁償金を求められた
  • 遅刻したという理由でシュレッダー係に異動させられた
  • 個人加盟の労働組合に加入し、請求訴訟を行ったところ懲戒解雇された

あとはこの方とは一応直接関係ないですが

  • この方が加盟しているプレカリアートユニオンがアリさんマークの引越社本社前で抗議活動を行っていたところ副社長がカメラマンに激怒するシーンがネットで流出し話題に。

www.youtube.com

中々の炎上具合です。

 

とりあえず、僕の感想は冷たいかもしれませんが『なんで辞めないんだろう・・・』です。ブラック企業で辛い思いをしている人の中には自殺をしてしまう人もいます。

もちろんそういう状況に追い込む会社が一番悪いんですが、少なくとも未成年が学校でいじめられている状況よりは自由があるはずなのでとりあえず辞めて逃げちゃえばいいのに。

自殺してしまった方を責めているのではなくてそういう雰囲気の日本だったりを残念に思います。

 

で、とりあえずアリさんマークの引越社についてですが、事情がどうであれこういう報道がでて、ガイアの夜明けで流れてしまった以上、経営体制に問題があり、経営者がイケてないと思います。

 

ネット民はブラック企業嫌いですから炎上しますよね。

 

でも、僕が心がけていることがひとつあって、こういう状況でも否定されている側の主張も読みます。

news.livedoor.com

まずアリさんマークの引越社騒動を簡単に説明すると、同社の社員Aは度重なる遅刻から営業を外され、アポイント部へ異動になった。また、営業車で起こした事故でも相手方に謝罪しないなど社会人としての配慮に欠けていた。その後もこうした勤務態度に改善がなかったため、見せしめ的にオレンジの服を着たシュレッダー係に任命したという。

また、動画に付いても

動画撮影時のユニオン側の態度は「納得できない部分も多かった」と井ノ口副社長は話す。

「東京本社前での大音量シュプレヒコールは1時間に及び、当社担当者が囲まれていたので、これはまずいと思って駆けつけたんです。ですが、すでに騒音と怒声が激しく、声がかき消されてしまう。大声で怒鳴り合うように声を出さなければ、会話もできない状況だったんです。明らかな街宣車による営業妨害、生涯賃金を支払えなどの法外な要求……でも、民事不介入で警察には頼れない。そんな状況下で、大声を出していればテンションも上がってしまいますよね」

 井ノ口副社長はこう続ける。

「確かに、動画撮影は許可しました。今覚えば、作戦だったんでしょうね。故意に足を踏まれた私は感情的になってしまい、完全に私を悪者にする動画編集が完成したのに驚きましたね。動画で怒ってるシーンがありますが、故意に足を踏まれたら怒るのは当たり前。しかし、そうやって私を焚きつけてタイミングを見計らい、動画を撮影するときだけは街宣車による騒音やシュプレヒコールをぴたりと止めた。『してやられた!』とわかったのは、アップされた動画を見たとき。見事に私が関西弁で一方的に怒鳴っているように編集されていたのです。あの恫喝動画は、私の不徳のいたすところ。従業員を守らなければならない立場である以上、向こうの挑発行為に怒らないでおけばよかったと思います」

この様に釈明している。

とりあえず、双方の意見としては多少食い違っている様子。見せしめにオレンジの服着させる会社も中々すごいと思いますが。。。

 

僕はそもそも共産党に投票するくらいブラック企業嫌いなのですが、昨日のガイアの夜明けでひとつだけ疑問に思ったシーンがありました。

訴えを起こしている男性が事故を起こしたことについて話しているシーンなのですが

『労働時間が長くなって、注意力が散漫になると事故を起こしやすくなってしまい、その際の弁済金も自分で払うのだから自分の首を絞めることになる』(うろ覚え)

ということをおっしゃっていました。

 

僕はちょっと違うんじゃないのかなーと。

普通、事故を起こしてしまい迷惑を被るのは自分でも会社でもなく被害者だろうと。自分の注意散漫で交通事故を起こしたことに対して、本来であれば被害者の方に対して何か申し訳ないという言葉を述べるとか、もしくは被害者が出てしまうと会社としての責任も問われる、とかそういう話をするのが普通だと思いました。

 

その辺が編集の都合なのか聞こえなかったことからすると、副社長さんがおっしゃる

また、営業車で起こした事故でも相手方に謝罪しないなど社会人としての配慮に欠けていた。その後もこうした勤務態度に改善がなかったため、

という言葉に説得力が出てしまう気もします。

 

だからと言ってアリさんを擁護しようというわけではないんですが、僕が言いたいのは

 

  • こういうテレビ等で大きく報道される主張は、逆の意見も見てみないとダメだよね
  • やっぱり嫌なら辞めたらいいし、こんなことするバイタリティあるならリクルートとか光通信とかでガンガンやりなさいよ

って思います。

一回懲戒解雇された会社に訴えを起こして再度出社するって中々すごいバイタリティだと思うんですよね・・・。

 

僕なら無理です。

なんか書いているうちにアリさんの擁護っぽいことも書いてしまいましたが社員のことを考えられない会社が顧客のこと考えられる訳ないですよね。

 

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり     by武田信玄

 

では。