田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

シャープはホンハイとなら再建できる。堺ディスプレイプロダクトの事例もある。少なくとも僕が知っているミクロっぽい点から見るとシャープに足りないのはお金じゃなくて構造改革。

シャープはホンハイとならば経営再建できると思います。

 

シャープは2011年の家電大赤字の年以降経営再建がうまくできずにいます。

僕は財務だとかには詳しくないけれど家電メーカーにおける製造、販売に関しては少し知識があるので、そのミクロな視点で少し振り返ります。

 

まず、2011年から続く家電メーカーの苦境ですが当初彼らは"円高"を理由にしていました。当初も言われていましたが、それは言い訳にすぎません。なぜなら彼らの市場は日本だけではないので円高が業績に直結するような態勢ではありません。

実際、少なくともシャープは、円安になった現在でも赤字が続いています。

 

僕が思う家電不況の原因は

  1. エコポイント制度による甘え
  2. サードパーティー系メーカーの台頭(技術流出ともいえるかも)

 

だと思っています。

今は若干忘れられているかも知れませんが、2009年5月15日~2011年3月31日に購入された家電製品の一部(テレビ、冷蔵庫、エアコンなど)には家電エコポイントというものが付与されました。

ものによっては3万円くらい付くものもあるのでとにかくこの時期は家電が売れました。作れば売れる状態で、特に2010年の冬から11年の3月は売れました。

 

これは要するに特需です。

この後、通常であれば生産量を減らすのですが日本の家電メーカーはそれをあまり行わなかったので在庫がダブつき、家電量販店に大量のリベートを払い、当然のように赤字になりました。

何もしなくても生産していれば売れた時代が終わっても同じ感覚でいたことが原因だと思います。

 

次にサードパーティー系メーカーの台頭です。サムスンやLGをサードパーティーと呼ぶのは無理があるかもしれませんが、以前と変わった点としてテレビや冷蔵庫は家電メーカーだけが作れる商品ではなくなったということは間違いなく言えるようになりました。

 

液晶テレビなんかは最たる例で、日本のサードパーティー系のメーカーはいわゆるナショナルブランドよりも2割程度は安く販売することができています。

f:id:just4youcom:20160205105120p:plain

 

液晶テレビ32インチの売れ筋をAmazonで見てみました。

この2個のテレビは全く同じではありません。オリオンのテレビは1波です(BSとCSが見れない)。USBでの録画もできないのでシャープのテレビの方が性能は良いのですがどちらがユーザー(少なくともAmazonユーザー)に求められているかは明確です。

 

ハイアール等も三洋買収以降日本で本格的に展開をしていますので市場自体が食われていっています。

これによるマイナス面はこういった販売(出口)だけではありません。こういうメーカーが台頭してくると、部品の調達でも苦戦をしていくことになります。今までは家電パーツを大量に買うメーカーはいくつかに限られていましたので価格の交渉もスムーズでしたが、いろいろなメーカーが乱立し、ホンハイのような会社も出てくると日本の家電メーカーはパーツの交渉でも後手を踏むことになりました。

 

そういった交渉や、生産のオペレーションが最もうまいのはホンハイだと思います。

2012年の記事なので、結構忘れられていると思うのですが、僕はこの記事を今でも鮮明に覚えています。

www.sankei.com

元々はシャープの子会社だった堺ディスプレイプロダクトにホンハイのテリーゴウが出資し、オペレーション等の改善を行ったところ一気に黒字化したというニュースです。

細かい改善点は出されていませんが、シャープ等の大型家電メーカーがおざなりにしていた仕入金額(入り口)と販売金額(出口)を再度徹底させたと聞いています。

この結果黒字化し、テリーゴウは出資者として4億円の配当を受け取りますがこれを全額社員に還元しました。

 

一方の親会社のシャープはその間リストラと減給をしながら、社員による自社製品の購買を呼びかけていました。

 

といったことを考えるとシャープにはお金や技術が足りなかったわけではなくそもそもの改善が必要だと思います。

なのでそれを産業革新機構が出来るかと言えば難しいと思います。確かに産業革新機構はシャープの支援策として社長以下3名の退任を盛り込んでいますが、では誰がどうやると言う具体案はありません(例えば日本電産永守さんが社長就任とかなら超面白いけど!)。

一方、テリーゴウは堺ディスプレイプロダクトというシャープから見れば小さな工場ですが再建した経験があります。

 

技術流出に関しては、100%すると思います。そもそも子会社になるのに技術流出しないと考える方が無理なわけで。

でもこういう状況になってしまった以上、再建策としてはホンハイ側の案を受け入れるのが妥当だと思いますし、そうなれば再建できると思っています。

 

一番好きな家電製品はシャープです。

 

ではでは。