田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

また虐待で子供が亡くなってしまったらしい。そのニュースを見て20年くらい前に見た世界まるみえを思い出した。抑止力のためにも死刑って絶対あった方が良い。そして子供を作ることはリスクであるということをもっと知った方が良い。

news.yahoo.co.jp

またこんなニュースが。朝のバスですごい嫌な気持ちになってしまった。

 

日本では3日に1人の割合で子供が虐待で殺されているらしい。だから珍しいニュースではないのかもしれないのだけど今回のようなケースはどうあってもさっさと死刑になるべきだと思う。

 

そもそも本人がやったことを認めているので死刑を行う上で一番大きなリスクである冤罪の可能性がない。また、本人も後悔をしていない。つまり、更正の可能性が著しく低いと見られるからだ。

 

こんなことを考えていて(非常に不快だったけど)、20年以上前に見た『世界丸見えテレビ特捜部』を思い出した。

 

その回はアメリカのある州で死刑囚が苦しまないで死ねるように電気椅子を導入したという内容だった。そこで取材に答えている死刑囚は

『苦しまないで死ねるのだから怖くないよ』と笑顔で答えていた。

当時小学生だったはずの僕は、『苦しめよ』とはっきり思ったのを覚えている。

 

どんな罪状で死刑になったのかはわからないけどきっとよっぽどのことをやったはずだ。ならばなぜ苦しまないのだろうか。十分に反省しているのであればそういうのもありだろうし社会復帰をするというのも問題ないと思っているが、少なくとも、当時の僕にはその人が犯罪を犯したことを後悔し、悔い改めているようには思えなかった。

 

というか僕がそういう過ちを犯したのなら苦しみたい。

今回の事件の加害者は更正することはないと思う。そんなことはないという人がいるならその人の家の隣にでも住まわせたら良いと思う。

止めなかった母親も同じで、馬鹿が子供を作るということはこういうリスクがあるんだということをもっと知るべきだ。

金八先生でも14歳の母でも若くして中絶という選択肢を取らなかったことを美談としているけど、その後がどうなるか、しっかり考えた方が良い。金八先生が周りで支えてくれればしっかり子育ても出来るかもしれないけどそうではないケースがどれだけ多いのか、もっと考えてセックスするべきだ。

もちろん馬鹿な大人や子供はそんなリスクまで考えることはできない、だから今回のようなケースを起こしてしまうと死刑になるという事例を作り、抑止しないといけないと思う。

 

朝からとっても深いなニュースを見てしまったのでしばらくはベッキーSMAPのニュースしか見ないですごしたい。。。

 

では。