田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

野球賭博問題で考えたこと。問題のボーダーラインが正直わからない。

巨人の福田、笠原、松本という3選手が契約解除→追放ということになり、結構世間が騒いでいるようです。

今のところの流れとしては、この3選手が野球賭博をしていた、そして恒常的に賭けポーカーや賭けマージャンをやっていたり、甲子園の優勝高校でトトカルチョしてたよってことで報道されてるようです(と少なくとも僕は思ってました)

 

黒い霧事件の再来やーってなってます。

いくつか疑問が残ります。

 

黒い霧事件について一応簡単に調べてみたのですが

①永易という選手が野球賭博に係わり自ら八百長をしていた。そこから他の数選手が係わっていたことが発覚

 

②藤田というコーチが自分の兄とやっている会社のトラブルの解決を依頼していた人が暴力団員だったことがわかった。

 

暴力団員と野球選手が共謀し、オートレース選手に金を渡し八百長をさせ配当で儲けていた。

 

こういう事件らしいです。

①は暴力団と野球界の係わりがそもそも問題、そして八百長はダメだろーってこと。

②は本人は知らなかった(らしい)けど暴力団員にそのお願いしちゃだめでしょーってこと。

③は中々ひどいけどトータルで考えると野球界と暴力団が仲良かったのねってことが問題らしいです。

 

つまり、暴力団と野球界が蜜月だったっぽいよってことが問題なようです。

 

 

でも今回の件ですが、少なくとも報道では少し違いますよね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

これって完全に賭博が問題になってますよね。

 

野球選手なんだからギャンブルしてはダメだ、って理屈はちょっとおかしいように思います。野球賭博はそもそも違法だし暴力団もがっつり絡んでるからダメなのは当然。でも賭けマージャンや賭けトランプってのは(もちろん法律上違法なんだろうけど)仲間内でやる分にはたいした問題じゃないと思います。ゴルフだって結構賭けてる人多いでしょう・・・。というか誰でもやってんじゃんと・・・。

 

これは僕が考えすぎなのかも知れないけど、報道がわざと世論をミスリーディングさせていっているように思えます。

 

本来であれば、

福田、笠原、松田の3選手 からやくざさんに行き着き → やくざと関係のある選手がたくさんピックアップされる → 黒い霧第2章

 

となるはずなのに、

福田、笠原、松田の3選手 から野球界での賭博問題に発展 → 仲間内とは言えよくないよ!!! → 巨人も監督責任あるんだから1000万円罰金ね!ばか!!

 

で終着しそう・・・。

 

 

暴力団と野球界の関係から目を背けさせるために、わざと仲間内での賭博に目を向けさせているような・・・。考えすぎかな。。。