田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を2015年に作りました。会社や個人をPRするというよりはアウトプットの場にしたいです。

安保法制についてちゃんと考えてみようと思いましたので考えてみた→ やっぱり徴兵制と結び付けるのはちょっと早いのかもしれない。

結構唐突に、嫁から『安保法制どう思う?』と聞かれました。

僕は史学部だったので戦争とか歴史は詳しいんですが安保法制については普通の新聞からの知識しかなかったです。嫁的には"子供が戦争に行くかも"というフレーズが気になったようで、どうなるのだろう、怖いなーという気持ちが芽生え、僕に質問したようです。

嫁はいろんな意味でレイトマジョリティの代表のような人なので嫁の意見は世の中の意見に近いと僕は思っています。その嫁の意見。

 

・安保法制が通れば徴兵制になるかもしれなくてそうなるとわが子がー・・・。

・議会を通さないで法案を通すなんておかしい!

 

こう言っていました。

僕のBlogos、Newspics知識で答えると、

 

強行採決って結構しょっちゅうあるらしく今の安部政権ではむしろ初めてらしいよ。

・安保法制と徴兵制関係ないでしょ。

 

で、あとは僕の個人的な意見で、今本気で戦争するとしたら徴兵制なんてやらずにミサイルドーンだと思うよって言っておきました。たぶん嫁は第二次大戦のときの赤紙なんかでの徴兵をイメージしているんだと思うんですがたぶん今って簡単な銃持った兵士1000人よりもすごい平気使える1人の方が重要だと思います。日本の本土決戦みたいなことをイメージしているのであれば別だけどそういう事態をイメージしているのならガッツリ軍隊持った方が・・・。

 

ただ、僕の知識もそもそも曖昧なので一回調べてみようと思いました。

まず驚いたことがひとつ。調べるにも中立ば情報がほとんどなかったです。googleでトップにきたサイトでいろいろ知識入れましたけどアメリカ大好き産経さんが作ってたのでそりゃーそうなるだろうなという内容でした。

【安保法案閣議決定】よく分かる新しい安保法制Q&A(1/4ページ) - 産経ニュース

 

中立な文書という意味で、内閣府のものを見つけた。

 

平和安全法制等の整備について

 

読みにくいー・・・。たぶん理解させる気ねえええ・・・。。。

というのが最初の感想ですが頑張りました。これ理解するのは結構しんどいです。

が、とりあえずそこまで過激な文章は書かれていません(まぁ当然か・・・)。

 

とりあえず気になったのは、なぜこの法案が徴兵制と結び付けられることになったのか、です。

いろいろ読んだ結果なのですが、この法案にそれらしき文章は全くなく、安倍さんも徴兵制については違憲だからありえないとはっきり言っているようです。

安保法制 「徴兵制」は本当に将来導入されることはないのか?

安倍首相は、7月13日に放送された自民党の動画チャンネル「Cafe Sta」でも、「憲法18条には『意に反する苦役』、これはダメですよということが書いてあります。そして徴兵制度の本質は、意思に反して強制的に兵士の義務を負うことです。ですから、徴兵制は明確に憲法違反なんです。これは憲法解釈で変える余地は全くありません。これははっきりと申し上げておきたいと思います」と発言しています。

 

ただ、その憲法をコロコロ変えようとしてるし、そもそも憲法の解釈でやろうと思えばやれるじゃねーかよー、というのが安保法制と徴兵制を結び付ける方々の意見のようです。

実際に日本の憲法18条と同じ様な文章があるアメリカ最高裁は、徴兵制は「意に反する苦役ではない」としたし、石破茂さんも「政府見解に従う」と明言した上で「兵役は苦役のような発想が国際的には異様だ」と言っていたとのこと。

 

なるほど。今すぐどうこうではなく、このまま安倍政権が独裁化していけば戦前の様なことが起きかねないと言う意見のようです。

 

僕は、今の時点でそこまで心配する必要はあまりないと思っています。大日本帝国ナチスドイツには戦争をしなければいけない理由がありましたが今の日本にはまだまだそれはない。

むしろ日本が戦争するというケースで考えられるのは

 

・中国経済がすっごく悪化してどうしようもなくなったから攻めてきたー

北朝鮮暴走

 

だと思うんです。だからこその安保法制なのかなと思ったというのが今の時点での僕の結論でした。

実際普通に考えて、安倍さんだってどこの政治家だって戦争なんてしたいわけがないと思うんですよね。

 

ただ、今後暴走する可能性は十分にあります。というのも、戦争したい人なんて日本にはほとんどいないと自信を持っていえますがアメリカはそうでもない。

軍需産業が重要な位置を占めているので不景気になるとイラク戦争の様に戦争をせざるを得なくなります。

アメリカの景気と戦争

 

現在、アメリカの景気は好調だけど年内利上げを噂されているためある時期から景気の減速が予想される。そうなってくるとどこかに戦争を仕掛ける可能性が十分にでてくるのでそこに日本が巻き込まれる可能性は十分あります(とは言えそこで徴兵制が出てくる可能性はとっても低いけど)。

 

なので結論としては安保法制から徴兵制や軍国化を結び付けるのは少しおかしい。けどこれからどんどんアメリカべったりになったらちょっと嫌だな。

 

今は落ち着いてきた気もするけど一時期の嫌韓ブームに乗ったネットやマスコミの対応の方がよっぽど戦争に近づいてしまうと思う。