田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

永江一石さんが安保とかについて意見しだした。ロジカルですなー。

僕の様にアウトプットの一環としてブログを書くのではなく、仕事としてブログを書く人にとってアクセス数というのはとても大事な指標です。

山本一郎さんやイケダハヤトさん、長谷川豊さんなんかはそのために敢えて炎上しやすいことを書いているようにも思えます。

 

間違った意見、というのではなくて正論や人から嫌がられるであろう意見なんてのも炎上しやすそう。で、僕の好きなブロガーの永江一石さんが最近安保関連でも意見を発するようになってきました。

元々非常にロジカルな人だから意見は合っていることが多いです。そもそも安保とか国防の話ってウヨクもサヨクも情報量はすごく多いんですがそもそもその情報源って本当に合っているの?という内容が多いです。

特に戦争中のものというのは一次史料だから100%信頼できるというわけではないです(僕そういえば歴史学部出身でした)。

 

で、永江さんのブログがこちら。

 

www.landerblue.co.jp

非常にロジカル。

徴兵制に関しては、僕は永江さんの意見とは少し違っていて、そもそもデモをしている主婦たちが"子供を殺させない"言っているのって徴兵制じゃなくて国家総動員法とかのことだと思うから主婦達まずはいったん落ち着こうよ。って思います。

もちろん今後日本が軍国化する可能性が0ではないから怖がる気持ちもわかるんだけど今の時代の戦争ってデモしている人たちが大好きな山本太郎さんが言ってるように原発にミサイル撃つなりしたら終わっちゃうから兵隊の人数うんぬんは関係ないから一回落ち着こうよって思います。

 

で、対中国のお話で

中国は常任理事国だから即時拒否権発動

 

これってすごく正しいと思うんですよね。

戦争も占領も、外交のカードのひとつだということをもっと理解した方がいいと思うんですよね。尖閣諸島が昔から日本の領土であろうがなかろうが、国際的な非難が少ないと中国が感じれば実効支配できてしまうわけです。

例えば中国が急に日本を実効支配するよー!!とか言い出したら国際的な非難を浴びて損するからしないですが尖閣だったらギリギリ大丈夫っしょ! という差です。

ロシアのクリミアも近いけど想像以上に国際的な非難を浴びたためロシアがスーパー不景気になってしまったので現時点では失敗だと思います。

 

で、中国が攻めてきたら国連が助けにくるというのは永江さんがおっしゃるように現実的ではないです。常任理事国だからってのもあるしそもそもフィリピンとか攻められてるのに助けにこないじゃん。チベットも助けに行ってないし。

 

 

とまぁとにかくロジカルだなーと思いました。

そこに対して反論するのはエモーショナルな意見しかないから勝てませんよね。

 

「あなたの子供が人殺しになってもいいの!?」

こういうよくわからないこと言ってくるんだろうなーと。

 

f:id:just4youcom:20150730194723j:plain

 

堀さんもめっちゃ攻められてた。安保法制を平和安全法制と言い切ってしまうのは少し安倍さんよりな気もするけど。

 

あと、僕は今は安倍さん支持してますけどやっぱり山本太郎さんの答弁うまいなーと思う。演技力あるわ。