読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

家入一真さんの"我が逃走"読んでみた。面白かったけどなんかもっと暴露して欲しかったな。

家入一真さんの"我が逃走"を読んでみた。

 

我が逃走

我が逃走

 

 理由は、nanapiのけんすうさんのブログが面白かったから。

 

blog.livedoor.jp

↑天才なんだなーって思う。こういう人とかバーグハンバーグバーグのシモダさんとかがテレビ番組作ってくれたらもっとテレビ面白くなるだろうに。

 

本も面白かった。以前ブログで書いた、ジャンル分けで言うところの暴露本的内容。

 

just4youcom.hatenablog.com

 

でももっと面白い暴露できたんじゃないかなーという気もする。

自分の資産(貯金)がどんどんなくなっていることを奥さんに問い詰められたあと

僕は言わなかったけれど、アキコさんの計算にはひとつ、抜けているところがあった。僕の途方もない夜遊び代だ。当時、僕は一日で三百万円ほど使うこともざらだった。使い方は簡単で、数人で高級バーかなんかに入って『この店で一番高いお酒ください』と言うだけ。

この辺とかとんでもないと思うのでもっと詳しく聞きたかった。

あといろいろな人に出資していたらしいけどその人たちとも正式な契約を交わしていないケースが多かったから持ち逃げに近い形になっていたらしい。そういうところをもっと聞きたかったな。

 

でもやはりネットビジネスの最前線で生きてきた人だから考え方は非常に面白い。都知事選に出たときも面白い。あのとき家入さんを支えたメンバーは本当に豪華だった。ホリエモンロンブー淳、若旦那。他にもIT界隈の人はこぞって応援した。

本を読んだ感想をまとめると、この人はダメな良い人なんだとおもう。

でもそういう人は他の人のすごさを知っているから絶対に強い。

三国志(横山光輝Ver)で、田舎ものの劉備をダメにしようと企む曹操劉備に対して接待攻勢をかけて劉備をダメにする。ギリギリのところで劉備は復活するんだけど家入さんは復活できずに一度地に落ちた感じ。

でも本人を知る人たちに助けてもらって(もちろん自力もあるから)復活しかけている。そんな印象。

上場までした経営者が一度ダメになって這い上がる暴露本ということでは、杉本宏之さんの"30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由"と似ているけど内容と重さは全然違う。

なんかすごくさらっと読めて面白かった。