読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

貸すべきか。貸さざるべきか。それが問題だ。というかなんかもうめんどくさいから貸したいけど貸した方がめんどくさそうという愚痴。

てきとーなこと

久々に友人から連絡がきて月末に返すので今日中に20万円貸して欲しいとのこと。頼れる人がいないからと。

その友人は中学、高校と同じだったけど特別仲が良いというわけではない。LINEを見返したけど『お金貸して欲しい』と『返済ちょっと待って欲しい』という内容ばかりだった・・・。

僕は今会社を立ち上げたばかりなので正直なところ人に金を貸している場合じゃない。嫁にもいろいろ我慢してもらっているのに。

 

話を聞けばその友人は3月から働いていないという。結婚しているのだが、奥さんにも自分の親にも内緒にしているそうだ。キャッシング等もできないという(なぜかは怖いから聞かなかった)。

 

財布は別にしているらしいので給料が入らないことは誰にも気付かれていないらしいが、家賃は自分の財布から出していて"今日中に払わないとやばい"とのこと。

家賃は10万程度らしいので残りの10万は生活費なのかな。

 

正直言うと20万くらい貸しても構わないし困っているなら貸してあげたいという気持ちはあるけどその状況なのであれば返ってくる可能性は非常に低い。

なので貸したくないというよりもちゃんとして欲しいという思いから一応断った。『離婚の危機』だといわれたけど僕が貸したところで離婚の危機は納まらない。残念だけどそうしました。

 

なんかちゃんと働こうと思いやる気がでた朝でした。