読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で働く社長のブログ---都会に移転しました---

会社を作ってみました。会社や個人をPRする気は全くなく、ただ自分の思ったことのアウトプットの場としてブログしてるっす。

遅ればせながらTwitterはじめましたhttps://twitter.com/moto_inaka

メルカリでの現金化。別にメルカリは悪くないしあんなの取り締まっても反社会的勢力は取り締まれないよ。

headlines.yahoo.co.jp

メルカリでの現金化が話題に。識者の方たちも割と"メルカリが悪い"という論調に。

 

もちろんメルカリはプラットフォームの責任として、取り締まりはするべきだしそれらのアカウントをBANするべきだと思います。

でも、こんなにバレバレの方法でやってる素人たちを取り締まってもビジネスでやってる反社会的勢力は取り締まれないと思いますよ。

 

以前こんな記事を書かせてもらいました。

just4youcom.hatenablog.com

アイキャッチが・・・、、、僕が怒られそう・・・。)

 

クレジットカード枠を現金化しようとしている人が第三者と取引をしていること自体は特別悪くないと思っています。

だってこの利率だったら普通にニンテンドースイッチをクレジットカードで買って翌日メルカリとかで売った方が現金化できますよ?なので、"現金を売る"という行為自体は決して良い行為ではないですし法律上NGなのかも知れませんが特段迷惑をかけている人がいるわけでもないと思っています。

 

そんなことよりもこういうプラットフォームを使い第三者のクレジットカードを現金化しようとしている人たちがいるはずなので、そちらを取り締まるべき。

 

クレジットカードを盗んだ人間や、カード情報をスキミングした人間は現金化に困ります。

現金化する方法と、足が付かないようにする方法が難しいからです。

 

一番オーソドックスな方法は現金化しやすいブランドバッグや高級家電をクレジットカードで買い、質屋等で販売することです。

ただ、これだと質屋等では住所や身分証の記入が必要ですしバッグを買う際にも危険が付きまといます。なので出し子のようなパシリにやらせます。

 

ではフリマアプリで行うにはどうしたら良いでしょうか?きっとこんな感じで行けるはずだと思うんですよ。

例えばジャスティンビーバーのサインを出品したことにして・・・

f:id:just4youcom:20170427135643p:plain

メルカリを始めこういったアプリは携帯番号を紐づいてますが当然とばしの携帯を使っているものと思われます。

paymo等の送金アプリもこれで容易に現金化ができます。

 

こういうことを言っていると"フリマアプリが悪い!"、"送金アプリが悪い!"と言っているように聞こえてしまうかも知れませんが僕は全くそんなことは思っていません。

悪いのは反社会的勢力の人たちと、わかっているのに逮捕しない警察です。弊社も不正のクレジットカードを使った被害に複数回遭っており、出し子レベルを捕まえたこともありますが警察はそれ以上は捜査してくれません。めんどくさいというのもあるのですが、そもそも所轄レベルでは理解できないのだと思います。

 

また、警察の方からこう言われたこともあります。

「インターネットがあるから犯罪が増えた」

おいおいまじかよと思いましたが言いたいことはなんとなくわかります。でもインターネット経由の犯罪なんて本気になればよっぽどのクラッカーが犯人でない限り足跡を辿れると思うんですよ。でもそれができない警察の体制が問題だと思いますよね。

 

あと、インターネットはともかくとして携帯電話が普及してから犯罪は増えましたよね。とばしの携帯やプリペイド携帯なんて作らなきゃ良いですしもっとセキュリティを厳しくすべきだと思います。

 

最近流行ってしまっている詐欺にはこのようなものもあるので気を付けてください。

 

  1. 自宅での荷物の受取代行のアルバイトを受けてしまう
  2. アルバイトなので身分証のコピーを送って欲しいと頼まれる
  3. 自宅に届いた荷物をアルバイトの依頼主に渡す

一見普通の流れに思えてしまうかも知れないのですが、この時点で携帯電話と本人名義のクレジットカードを大量にアルバイトの依頼主に渡してしまっているんです。

 

この詐欺のすごいところは盗難のクレジットカードではないので、しばらく足が付かないという点です。この流れは今度しっかり書こうと思うのですがこの被害に遭っている(カードと携帯を作られた人)とカードを使われてしまったお店が多数出てきてしまっています。

 

なのでメルカリうんぬんではなくてそもそも大元を潰すべきだし携帯を作りにくくすべきだと思います。

 

 

では。

今村復興相の失言について。全文をしっかり聞いてから判断した方が良い。表現方法が誤っていたと思うものの前後の流れから考えれば特に問題ではないと思う

最近割と忙しかったのでニュースを全然見ていなかったのですが、こんなニュースが。

news.line.me

 

初見としては「おいおいまじでクソヤロウだな・・・」でした。

 

今村復興相と言えば記者に「自主避難は自己責任だ」と発言したり、記者に「うるせー」と発言をしたことで問題になっていました。

これも相当問題だなと感じたものの、しっかり前後の流れを確認したところ"挑発目的の記者の挑発に乗ってしまった"という失態はあるものの、内容的には問題ないと感じました。

 

ネットを調べてみたところ賛否はあるものの批判的なコメントが多いように思えました。実際辞任してますし。

 

いわゆる低リテラシーの人たちの意見を見てても仕方なので政治家の方たちの意見を見ていたのですが、参議院議員の方もこんな感じ。

 

共産党志位さんはこんな感じ。

 

今回の件の立役者小西議員もこんな感じ。

 

安倍さんの任命責任になるほどなのかな?という気もしたので全文を確認しました。

今回の件は自民党二階派のパーティーで講演した際の発言のようなのですがyoutubeに残っていたので一応見させていただきました。

 

ログ、というほどではないですがこんな内容でした。

震災の被害がすごかった、という話から

 

また、社会資本等の棄損もですね、まーこれはいろんな勘定の仕方がございますが25兆円、という数字もあります。
これはまだ東北で、あっちの方だったから良かったんでしょうがこれがもっと首都圏に近かったりするともっと莫大な、甚大な被害があったと思っています。

 

こういう内容でした。この流れから、震災対策等の話になるわけです。

 

ちょっとニュアンスは違いますよね。

震災の被害に遭われた方たちの気持ちを考えれば良くない内容ですが実際事実と言いますか、「東北での震災で25兆円の損失が出た。東京ならもっと大規模な損失が出た。→だからもっと対策しなきゃやばいよ」という旨の講演だと思うのでそこまで違和感は感じませんでした。

 

「あっちの方だったから良かったんでしょうが」

ではなく

「あっちの方だったからまだ被害は少なかったですが」、または単純に「東京で同じ規模の震災が起きたら」

と言った方が意味合い的にも合っていると思うので、そういうべきだったかも知れませんね。

 

ですが志位さんのツイートの『東北で良かった』という内容は誤解を与えてしまう表現ですね。

 

新潟県知事の米山さんがこうツイートしていました。

 この発言は非常に正しいと思います。

これが本当に正解で、こういう考えに至らなかった今村復興相はちょっと失態だったかなと言う印象を受けました。

 

 

しかしそんなことよりこの発言のおかげで #東北でよかった というハッシュタグが作られ東北の良いところが多数ツイートされていてこういうのは素敵だなと思いました。

 

 

 

ではでは。

ロコンドが第二のZOZOTOWNになるかも!いや、抜くかも!!と思ったというお話

とある流れからロコンドの目論見書を読みたくなったので読みました。

※起業家だけでなく社会人は自社の競合の目論見書は読んでおくと絶対良いですよ!上場企業ならググれば出てきます。

 

昔は嫌いでした。創業から外資がガガガーっとお金入れて外資コンサルの人たちが社長やって露出して。。。と。ECってのはもっと泥臭いもんだと思うよ!と当時の僕は思っていました。失敗することを望んだというとダサすぎますが近い気持ちではいました。

でも、このインタビューを読んで田中社長まじSUGEEE!!カッコよすぎると思いました。

netshop.impress.co.jp

 

本当に本当にすごいなーと思います。面識全くないですが超尊敬しています。

 本も買ったし社員のみんなにも薦めました。

「今の自分」からはじめよう

「今の自分」からはじめよう

 

 

まーそれは置いておいて、3月頭に上場しました。

現時点の株価は?というと、クッソ下がっています。初値から半分近くまで下がってしまっています。

f:id:just4youcom:20170424185502p:plain

 

日経平均と比較しても相当下がってますので、上場直後にこの下がり方は・・・とネガティブに見るのが当然だと思います。そもそも公募時の想定価格が1,660円だったわけなので、初値が付きすぎた結果だと言えることもできます。(実際には思ったより値が付いたからみんな一瞬で売りぬいたんだと思います)

 

目論見書と前回の決算を読む限り、ロコンド相当面白いと思っています。

今までロコンドのビジネスモデルをしっかり理解していなかったのですがビジネスモデルとしてはZOZOTOWNにすごく似ていました。

ロコンドは普通のECだと思っていたのですがZOZOTOWNのように受託販売がメインとなっているビジネスモデルでした。

直販と受託販売の違いが意外とわからない人が多いようだったので少しだけ説明を加えさせて頂きます。

 

 

f:id:just4youcom:20170424191747p:plain

 

f:id:just4youcom:20170424191813p:plain

 

とりあえずここが一番違います。

受託販売の場合、在庫を預かるだけなので販売会社(ここではZOZOTOWNやロコンド)にはリスクはありません。ただ、メーカーにはリスクは当然あるので一般的に直販よりは利益率は低いはずです。

 

 

この受託の割合ですが、ロコンド、ZOZOTOWNともに90%程度でした。

Amazon(ジャパン)の場合、直販が75%程だったと記憶しています。直販の方が売上を伸ばすのは簡単です。ヤフーとアスクルが運営するLOHACOが赤字を掘りまくりながら売上を急拡大させたように直販の場合は割と一方的なコミュニケーションです。良い商品さえあればある程度売れます。

受託販売の場合、買い手が存在しないと当然ですがメーカーは受託するのを嫌がります。在庫を預けたのに売れなかったら結局在庫処分をするのは自分たちですので。

もちろん買い手も売り手が存在しない限り集まらないのでこのバランスが非常に難しいです。

それがここまで成長できたということはロコンドが買い手が集まる"場"に成長したということが言え、だから今度はもっと良い売り手が集まることになります。

楽天市場の成長過程と似てますね。

 

次にロコンドとZOZOTOWNの販売手数料を推察していきます。どちらも受託販売なので、商品が売れるとメーカーから販売手数料をもらいます。送料や倉庫管理費を含めた金額だと思います。

 

まずはZOZOから。

f:id:just4youcom:20170424193456p:plain

28年第三四半期を見てみると1300億の取扱高に対して、売上が380億です。おおよそですが30%の手数料をもらっていることがわかります。

 

次にロコンドです。

f:id:just4youcom:20170424193758p:plain

46億の取扱い高のうち9割が受託、1割が直販です。ざっくり4,6億が直販の売上高で受託販売の売上高が42億。売上高20億のうち、15億が受託販売からとなるはずなので35%ほどなのかなと推測できます。

ZOZOTOWNより高い手数料を取っている理由としては後述しますが返品が意外と多いので、その際の送料が結構高くなっているという点と、楽天市場に出店しているのでそこでの手数料が高いからだと思います。

 

とりあえず、この時点でおそらくご理解頂けると思うのですがZOZOTOWNとロコンドはビジネスモデルが非常に似ています。ZOZOTOWNの凄さ、強さは今更言うに及ばずですが、なぜあそこまで強くなれたかというと競合がいなかったからだと思っています。

 

 

楽天市場も強いですが、楽天の場合どうしても運営ノウハウが必要です。JIGGYS SHOPのようにどちらにも強いブランドもありますが、楽天で成功しているファッションブランドの多くはイーザッカマニアストアーズや神戸レタスのようにECでの売り方が上手なブランドだと思います。

 

 

また、ロコンドはプラットフォームサービスが伸びているとのこと。BOEMという自社ECサイト運営代行サービス、e-3PLという物流代行サービス、LOCOCHOCという倉庫代行業(僕の捉え方なので間違ってたらスイマセン)も始めたようで、それが順調に伸びているらしいです。

f:id:just4youcom:20170424195454p:plain

これは相当良さそうだなと感じています。アパレルの物流は本当に難しいですが、出品、出荷、返品と複雑なオペレーションを多数こなしているロコンドならではのサービスかなと。

 

ZOZOTOWNにはWEARという最強サービスもあるので抜くのは正直中々難しいかも知れませんが可能性はあるのかなと。

ZOZOTOWNにない強みとしては楽天市場に出店しているというのが面白いですよね。楽天への売掛金を見ると大した量ではないのでまだまだ大きな売上にはなってなさそうですがZOZOには真似できない売り方だと思います。

 

ただ、目論見書を読む限りロコンドには2つ弱点がありそうです。

1つ目は返品率が意外に多いことです。

f:id:just4youcom:20170424193758p:plain

先ほどの表を見ればわかるのですが40%程度が返品されているようです。もちろん返品無料は売り場を作る上でとても上手な販促方法だったと思うのでこれ自身は素晴らしいのですが、ここまで多いのはメーカーとしても少し嫌なのではないかと。。。

上場し、知名度があがり売上が上がればきっと返品数も増えていくのではないかと思います。

ZOZOTOWNは返品するにはプレミアム会員になれば返品無料といううまいやり方をしています。

これを中古品として販売するという方法もあるでしょうし当然考えていると思いますが

メーカーは嫌がりそう。

 

もうひとつは外部株主多すぎ(笑)

田中社長がどれだけ苦労されたかがよくわかる構成になっています。これはわかっていたことですが、いろんな意味でしんどそうです・・・。

f:id:just4youcom:20170424201509p:plain

 

とは言え、すごーーーーく面白そうだなと素直に感じました!

 

追い付いて追い越せるように頑張ります!

 

 

 

では。

ツケ払いでZOZOを攻めるのはさすがにお門違い。後払い決済のニーズはたっくさんあります。

blogos.com

 

ZOZOTOWNを批判する記事が増えてきています。ただ、大前提としてこれはZOZOが勝手に"抜け穴"を使ったサービスではなく元々あるサービスで、GMOペイメントゲートウェイやネットプロテクションズがやっているサービスです。

 

弊社も後払いは以前から導入していますが特にトラブルはありません。ユーザー層の違いもあると思いますが非常に便利なサービスだと思っています。

 

後払い自体が悪だというならZOZOTOWNではなくそちらを攻めるべきです。ただ、後払いは本当にニーズのある決済方法なので何も悪くないと思っています。

 

まず、ZOZOTOWNのツケ払いが他の後払いと違う点は以下の点だと考えます。

 

  1. 呼び名がツケ払い
  2. 2ヶ月先で良い(たぶん普通の後払い決済は14日のはず)
  3. CMを放映した点

 

1.ツケ払いという呼び名に関して

すごくわかりやすくて良いなーと個人的には思っていましたが、若い人たちにはツケというとお金があるときに払えば良いや、という感覚だったのでしょうか?

 

2.2か月先という猶予期間に関して

おそらく2か月先という猶予期間は長い方だと思います。これを悪いと捉えるか、良いと捉えるかですがここに関してはZOZO(GMOペイメントゲートウェイ)としてはむしろ親切なのかなーと思ってしまいます。

 

3.CMを放映した点

僕が唯一微妙かなーと感じるのはこの点です。あのCMを見てしまうと高校生も買ってしまう気がします。ただ、これがNGだとするならおかしいCMはいくらでもありますよね。消費者金融のCMなんて絶対ダメでしょう(笑) さわやかな芸能人が「コンビニからでも返済が簡単♪」なんて言っているのは絶対NGだと思います(ZOZOがダメならって意味)。 ZOZOのCMは未成年ガーーー!!という人もいるかも知れませんが消費者金融で苦しんでいる大人はもっといるし金額ももっと大きいのでこういうCMを平気な顔で放送している方が問題です。

 

ZOZOは高単価な商材を多く扱っているのでユーザー層も高めでした。ですがツケ払いを始めて以降おそらく若年層が取り込めたんだと思います。LTVも高いのでマーケ費を大量に突っ込んだという形だと思います。

うまくユーザーの財布の紐を緩めたうまいマーケティングだったと思いますが「法律の“抜け穴”を使った」なんてのはいくらなんでも言い過ぎだと思います。

 

先ほどの記事では、

だが、「後払い」を選ぶ理由とは、「いま払えないから」ではないのか。サービス開始から約半年が経ち、延滞のリスクが指摘されている。

と書かれていますが、「今払えないから」という理由ならクレジットカード払いで良いはずです。カードを持っていない人なのでは?という考えもありますし、当然そういう方もいるのですが肌感覚としては違うと思っています。(弊社のユーザー層とZOZOのユーザー層は違うと思いますが)

 

後払いを選択する理由としては以下のものがあると思います。(当店のお客さんに実際聞いたりしたので結構あっていると思います。)

 

  1. クレジットカードが持てないから
  2. 現金で管理したいから
  3. お店の信用力がないから
  4. クレジットカード情報を入力するのが面倒だから
  5. 請求書払いをしたいから

 

1.クレジットカードが持てないから

こういう方は当然一定層いらっしゃいます。大きく分けて2パターンでなんらかのカード事故を起こしている方とクレジットカードを持てない高校生等です。

前者に関しては多くの場合で後払いの審査も通りません。(厳密に言うと後払いでも不払いが起こした方は審査が通りません。)後者は未成年ということもあり、軽々しく購入できないようにするべきではないかという意見は正しいと思うのでここは少し改善が必要かも知れません。ZOZOでは未成年者には同意ボタンを付ける等工夫をしているようですが、これだけではたぶん解決できないですよね。携帯料金のキャリア決済も少し似た仕組みになっているのでこちらも同様に改善が必要かも知れません。

 

2.現金んで管理したいから

こういう方もたくさんいます。主婦の方に多いですよね。クレジットカードだといくら使ったかわからなくなるので現金で買いたいという方。代金引換だと、そのときに現金を持っていないといけないし、銀行振込だと商品が欲しい日までに振り込まなければならないけど時間が取れない。こういうニーズも本当に存在します。(デビットにすりゃいいじゃんという気持ちもわかりますが)

 

3.お店の信用力がないから

これ実は相当多いです。ZOZOの場合は違うと思いますが例えば弊社の様な誰も知らないような会社のECサイトから商品を購入する場合、「詐欺ではないのか?」と疑う気持ちはあります。そういった会社にクレジットカード情報を登録することを怖がる人は多いと思います(実際には決済代行会社だけど)。代引きでも商品を見る前にお金を払うことになりますが、後払いであればいくらか安心できるので後払いを選ぶ人がいます。

 

4.クレジットカード情報を入力するのが面倒だから

これも多いです。楽天市場Amazonのように普段からたくさん使うECサイトだとクレジットカード情報を先に入力してあるケースも多いと思いますが初めて買うサイトの場合、カード番号を入力する必要があり実際に結構面倒です。(実際はそこまで見てないと思いますが)手数料324円と入力の手間を考えて、後払いを選択する人が多いです。

 

5.請求書払いをしたいから

これもZOZOはないと思いますが、法人客が多い会社だとこのニーズは多いと思います。例えば、らーめん屋さんが時計を買おうとした場合、法人格のクレジットカードを持っていない場合はカードも使えません。代引きだとレジのお金とごっちゃになるので請求書払いを希望することが多いです。ECサイトだと請求書払いに対応していないサイトがたくさんあると思いますが、後払い決済だと請求書が後日届くのでらーめん屋さんからすると非常に決済がしやすくなります。

 

以上長々と書きましたが、後払い決済は非常にニーズのある決済方法なことは間違いないです。

f:id:just4youcom:20170418192540p:plainネットプロテクションズのホームページにこんなのもありました。

https://www.netprotections.com/merit/sales/

 

高校生が54,000円までは買えてしまう仕組みは確かに改善した方が良いかも知れませんが、そもそもそれは親の責任だと思います。実際54,000くらいなら高校生でも頑張れば返せるんだから問題ないと思いますが。

 

 

とにかく後払い決済は間違いなくニーズのある決済方法ですし、ZOZOも特に間違ったことはしていないと思います。

 

弱者救済!!!というのであればクレジットカードや消費者金融の方がよっぽど規模も大きいと思いますし何より金融リテラシーをもっと磨かないといけませんね。

 

では。

メルカリの大型便はすごい。出品者としても超ありがたいサービス。家電リサイクル券とか粗大ごみ回収チケット買わなくて良いのも楽で良いなー

メルカリがまたすごいプレスリリースを・・・。

www.mercari.com

 

憧れるばかりではダメなんだけど本当にうまいと思いました。

 

 

普通の送料であればだいたいいくらくらいと想像が付きますが大型商品の場合想像付かない人がほとんどだと思います。ヤマトホームコンビニエンスの場合、開梱や設置と資材の回収を行ってくれるというのも素晴らしいと思います。

 

これが一般的になると"粗大ごみ代"と"家電リサイクル券代"という無駄な費用がなくなります。

 

粗大ごみはまだ良心的な金額です。それでも1,000円~2,000円程度の費用がかかります。これより高いのが家電製品の廃棄の際にかかりリサイクル券です。この制度知らない人は結構いるみたいなんですが家電製品を捨てるには粗大ごみ以上にお金がかかります。

f:id:just4youcom:20170418140149p:plain

↑こんなやつ。(http://www.rkc.aeha.or.jp/text/r_4list.html

エアコンは1,000円くらいですが、冷蔵庫や洗濯機を廃棄する際には3,000円から4,000円かかります。

 

詳しくはこちら

 

この費用ももったいないですし、そもそもリサイクル券を買いに行く手間がかかるので本当に面倒です。

メルカリで簡単に売れるようになればこれらのコストが0になりますよね。送料のみで販売しても出品者にはメリットがあります。

ただ、売るからには壊れているのもは売れないと思うので、"壊れる前にメルカリで売って新しいのを買う"というのが一般的になりそう。そうすれば消費が増えそうですね(良く書きすぎか)。

 

"粗大ごみ代"と"家電リサイクル券代"を無くすというのは出品者側にすごくメリットのある事ですし、今回のプレスリリースを見た人は「あ、メルカリに大型商品出品できるんだ!」と思うはずなので出品数はすごく増えそうです。

出品数が増えれば当然購入希望者が増えるので今後このジャンルは間違いなく伸びていくと思います。

 

儲かりやすく売上の伸びしろが大きいいプラットフォームビジネスに、安易にベンチャー企業が進出していくのはあまり好きではなかったのですがメルカリはこういった施策をしっかりやりカスタマーサポートもしっかりやるのですごく勉強になります。

 

 

では。

比較サイトのヤラセ疑惑。営業電話がたくさん来るので調べていたらこれはもう危険水域だと感じた。

最近こんな営業電話が頻繁にかかってきます。

「御社のサービスと競合サイトの比較サイトを運営したいのですが・・・」

 

と。詳しく聞いてみたところ

 

・弊社と競合のサービスの差を比較する

・その結果弊社に誘導するようなサイト設計にする

 

と言ったものでした。僕自身は弊社のサービスに自信があるので、「比較されたい!」と思ったのですが、べらぼうに価格が高かったという点と「どうやら競合他社にも声をかけているっぽい」という点から依頼するのをやめました。

 

他社にも営業をかけ、先に承諾をくれた会社を誘導するサイトを作るというのはちょっと納得がいかないところがありました。

例えば弊社であれば競合他社に対して価格が高いです。ですがその他のサービス面では他社より優れている自信がありました。そこに注目してくれて営業をかけてきたのかと思ったのですが特にそういうわけではなかったようでした。

 

その会社名 + 比較サイト で検索をすると、いくつか否定的な記事が出てきていましたので割と有名なことなのかも知れません。

 

あんまりネガティブな記事は書きたくないですが調べました。

 

①ベビー用品 レンタル編

僕はレンタルビジネスに興味があるのでベビー用品 レンタルで調べたところこんなサイトがありました。

xn--5ckwbr8ed6b9cu224bco1bertp68d.com

 

"ベビー用品 レンタル" で検索をするとトップに来ました。これを見てもらえばわかるのですが、さすがに「雑すぎだろ・・・」というレベルでベビレンタという会社を推奨しています。

実際に1位なら全然構わないと思うのですがちょっと雑です。

例えば比較する条件に"値段"という項目があります。ベビレンタの評価として

業界最安値をシステムで調査し、常に最安値になるよう設定している。

とあります。「第三者がどうやってそれ調べたんじゃい」というツッコミは当然あるものの、それが事実であれば値段に関してベビレンタが強いというのは事実だと思うので内容に嘘はありません。

ですが、"配送"という項目がおかしいです。

 

1位のベビレンタが

5.配送 ◎
アイテムの大きさにより適正価格で配送してくれる。
全国一律 ※北海道・沖縄・離島は発送不可。
【小型送料(往復分)】1,500円
【普通送料(往復分)】2,500円
【中型送料(往復分)】3,500円
【大型送料(往復分)】4,200円

 

となっているのに対し、

2位の愛育社が

5.配送 〇
佐川急便で配送日、時間指定が可能です。
1梱包につき800円の送料(回収料含む)負担と組み立ては自身で。 

 3位のDMM.comレンタルが

5.配送 〇
レンタル時、返却時の送料が無料(※指定の佐川急便使用) 

 4位のナイスベビーに至っては

5.配送 〇
お安め。 

 です。雑すぎるでしょ(笑)

ナイスベビーは以前チャイルドシートを借りる際に使わせてもらったことがあるのですが自社便で取りにきてくれました。

調べてみたのですが、都内と関東の主要地区(?)は自社便で8,001円以上は無料でそれ以下の場合は600円、それ以外の地域は1,200円~4,000円(詳しくは図で)

f:id:just4youcom:20170414184214p:plain

f:id:just4youcom:20170414184218p:plain

 

これどう考えても4位のナイスベビーの方がベビレンタより上だと思うのですが・・・。

 

SEO的には非常に上手なのですが、この"ベビー用品レンタルサイトを徹底比較"というページをメインページにし、枝ページとして"チャイルドシートを数社でレンタルして比較してみました""ベビーベッドを数社でレンタルして比較してみました""ルンバを数社でレンタルして比較してみました"等といった枝ページとリンクしてあります。ルンバかよw!と思いましたが全てのページでベビレンタさんが1位を獲得しておりました。

とにかく枝ページがたくさん作られており、その全てでベビレンタが1位。。。すごい偶然です。

whois検索してみましたが、ドメイン情報等はしっかり隠されていました。

 

弊社に営業電話をしてきた会社がやっているのかベビレンタが独自でやっているのかそれとも本当に第三者がやっているのかわかりませんが、仮に第三者がやっているのだとしたら比較になってないからやりなおした方が良いです。

 

ウォーターサーバー比較編

今、ちょうどウォーターサーバーを買おうか迷っていたので調べてみたら案の定こんなサイトがありました。

xn--gckg0b0b8evmbbb4216khboaf0c7t4o.com

そもそもサイトURLがさっきのベビー用品比較サイトと相当似てるじゃん・・・と気付きます(日本語ドメインだとみんなこうなるんですね!知らなかったすいません!!※追記※)。

 

このメインページを読むとコスモウォーターがオススメされています。次に枝ページを見てみると、"ウォーターサーバーの維持費は?【このコストはカットできる!】""三人家族の実際の消費量は?選んではいけないウォーターサーバー業者""岐阜県ウォーターサーバー<家庭で人気が高まってます>" と言った記事がありました(もちろん何百、何千とあるはずです)。それのすべてでコスモウォーターがオススメされていました。

 

コスモウォーターがダントツですごい商品の可能性もあるのでわかりませんが、価格コムの売れ筋ランキングだと5位でした。なので少なくとも全ての条件においてオススメできるものではなさそうです。

 

結論

2個ともがアフィリエイトサイトの可能性もありますし、そもそもアフィリエイト自体を否定するつもりもありません。営業電話をかけてきた会社とこれらのサイトを運営している会社が同じではないと思います(調べてみたら何社かありそう)。

 

たぶん、コスモウォーターという会社が自社の製品を勧めていて、A社と比べてコスモウォーターはここが優れている、B社と比べてここで良い、というのであれば全く問題はないと思います。ですがこのやり方だとラーメン屋の店主が競合店舗の食べログに匿名で悪口を書き込んでいるのと同じだと思います。

少なくとも弊社がやりたいことではありませんでした。今となっては営業電話を断っておいて良かったなーと今は思っています。

 

 

※営業電話を断ったからなのか、弊社と他のサービスを比較するサイトが出来上がっており、その比較内容もちょっと納得がいかなかったので怒り含めて書かせて頂きました。

 

 

では。

本を売るならブクマなのか??メルカリとの違いを比べてみた。 ※追記(4/12)結論としてはメルカリの勝ちかな・・・※

手数料を無料にしてもラクマ・フリルとメルカリの差は開いていく一方のような気がするので、もうフリマアプリはメルカリの圧勝で終わりそう。

 

そんな気がする根拠fromグーグルトレンド↓↓

f:id:just4youcom:20170409174112p:plain

 

と思っていたところ、以前から注目していたブクマの評判が良いので使ってみました。

 

フリマアプリはメルカリの勝ち確定で良さそうなんですが、細かいジャンルごとのフリマアプリはまだいろいろチャンスがある気がするんですよね。

 

フリマアプリは買い手と売り手が集まる場所を提供するものですので、双方の数の多さが鍵になります。なので、ラクマがいくら「手数料無料♪」と宣伝したところで、買う側には関係のない話なので買い手は増えません。

また、売り手としてもフリマアプリはオークションとは違い、「高く売る」という気持ちよりは「早く売る」という感情が上回っているようで(業者は除く)、オークションには存在しなかった「値引き」という文化が形成されました。

こういったことから、結果としてメルカリの方が優れたプラットフォームになりました。

 

ではメルカリの一強で終了か?と言えば個人的にはそうはならないと思っています。minneやcreemaだって広く言えばフリマアプリですが、メルカリには作れていない商圏を作っているように、特殊なジャンルであればメルカリよりも優れたUIや集客を行うことができるはずです。

 

ちょうど大企業VSスタートアップ企業みたいな感じですね。(メルカリはまだまだ文化的にもスタートアップ感バリバリですが)

 

メルカリのUIがイケてることは誰もがわかっていることですが、あるジャンルやあるユーザーに限定すればもっと良いUIができるはずです。

それを行っているのがブクマっぽいので早速使ってみました。

 

僕はメルカリでも本をたくさん売っているので違いは結構わかるはずです!

 

f:id:just4youcom:20170409175759j:plain

 

まず、全体的なUIの違いですがご覧の通りほぼ同じです。パクりが良い悪い、ではなくメルカリのを参考にしたんだなーという印象。ラクマもほぼ同じですし(フリルは少し違う。)。

 

出品方法はかなり違います。

ブクマは本の裏面のバーコードを読み取って出品します。

f:id:just4youcom:20170409180135j:plain

 

このシステム、おそらく超すごいんだと思いますが実際あんまり使い勝手は良くなかったです。10冊ほど出品したのですが、中々読み取らないものが2冊、全く読み取れないものが1冊ありました。

「直接タイトルを入力する」から978から始まる数字で出品することもできたのでそちらの方が簡単でした。

 

値段は"送料込み"のみです。この辺もメルカリと商品を分けているからこそできる芸当だと思います。

 

出品自体は非常に簡単でした。ただ、僕はメルカリで出品する際にはパソコンから出品していたのでもっと早いです。ブクマもパソコンから出品できるようにしてくれたらありがたい。(買うのもパソコンでやりたい・・・)

 

商品の探し方はブクマの方が簡単でした。

ブクマは1つの本に紐づく形で複数の出品者が出品する形をとっていました。Amazonのような形です。

一方、メルカリは1つの本を複数の人が出品する形です。

f:id:just4youcom:20170409181202j:plain

 

左がブクマで右がラクマ。これはやはりブクマの方が探しやすいですね。

 

メルカリの場合には、様々な商品があるのでこのようなUIには出来ないはずです。

(※このようになっていない商品もありました。おそらくバーコードで出品するか否かで決まっていそうです)

 

この仕様で見る場合、簡単なあらすじも書いてあるので指名買いではない場合には良い機能だと思います。

 

 

また、もうひとつの面白い機能として出品予約をする機能がブクマにはありました。

f:id:just4youcom:20170409181521j:plain

 

誰かが出品してくれたら教えてくれるらしいです。話題作なんかにはもってこいの機能ですね。

こういった、本ならではの機能がブクマには多く見られました。

 

そういった意味で本のフリマアプリ限定で比較すればブクマに軍配があがりました。

 

しかし、先ほども述べたようにまだまだ場として成立していないように思えます。ジャンルを絞ってみてもまだまだメルカリの方が出品量が多いようでした。

 

本限定で比較すればブクマの方が上だと感じましたが、トータルで考えるとまだメルカリの方が良いプラットフォームなのかも知れません。

 

ただ、本好きな人がは利用頻度も多いと思うのでブクマがじわじわ追いついてくる気もします。

 

=====4月12日追記=====

結論ですが、メルカリの方は売れたのにブクマの方は売れませんでした!おそらくブクマは最安値ではないと売れないようです。Amazonと同じですね。

メルカリはユーザー数が多いためポイントも循環しているので多少高くても買ってくれるイメージです。また値引き交渉の文化もあるので交渉後に買ってくれます。

 

価格最適化をした場合はわかりませんが結論としてはまだまだユーザー数も多いのでメルカリの勝ちかな・・・と思いました!

 

続きを読む